最近強烈な勢いで進化している3Dプリンター。いつかバイクの役に立つ日も来るんじゃないかな…と思っていたらもうそろそろ来るみたいです。

今回は3Dプリンターで作ったバイクを紹介します!

このスケスケのバイク、なんと3Dプリンターで作られたものなんです。しかもパーツ一個一個を組み合わせて作られたもの。相当手が込んでいます。

このバイクの元になったのはHondaの名車「CB750Four」。今では実車価格100〜200万はくだらない激レア車です。

ほぼ完璧と言っていいほどの完成度。パーツを一つ一つ出力し、組み合わせています。

わざわざPC上で3Dデーターを作り、出力、組み立て。果てしない作業のように思ってしまいますが、これを作ったJonathan Brandさんは楽しそうに作業しています。趣味の領域を超えた作品です!

パーツの取り外しも可能。もうバイクをメンテナンスしているようにしか見えません。

ホイールの細かいスポークまでしっかり再現されています。タイヤまで3Dプリント製なのも驚き。

3Dプリンターでここまでできてしまったら将来、パーツがない…なんてこともなくなるのかもしれません。最新技術によって作られた旧車でした!

今回は完成度の高い3Dプリント製バイクオブジェを紹介しましたが、次回は走行可能なバイクを紹介します!3Dプリントはここまで進歩してるんです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

再現度MAX!これが時代の最先端。3Dプリンターで作った「Honda CB750Four」が凄すぎる!(http://clicccar.com/2017/04/10/455236/)