クリスチャン・ベール、スティーブ・
カレル、エイミー・アダムスが共演か 写真:Shutterstock/アフロ
写真:Shutterstock/アフロ
写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ

写真拡大

 クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、エイミー・アダムスが、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ監督がメガホンをとる元米副大統領ディック・チェイニーの伝記映画に出演交渉中であることがわかった。米メディアが報じている。

 チェイニーは、1989〜93年のジョージ・H・W・ブッシュ政権で国防長官、2001〜09年のジョージ・W・ブッシュ政権で副大統領を務めた米大物政治家。01年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ後、アフガニスタンとイラクでの戦争を推進した人物として知られる。

 米ハリウッド・レポーターによると、ベールはチェイニー役、カレルは01〜06年に米国防長官を務めた政治家ドナルド・ラムズフェルド役、アダムスはチェイニーの妻リン役で交渉が進行中。成立すればベールとカレルは「マネー・ショート 華麗なる大逆転」以来の共演で、マッケイ監督と再タッグを組むことになる。

 マッケイ監督は、今作を自身が創設したゲイリー・サンチェス・プロダクションのパートナーであるウィル・フェレルとケビン・J・メシック、ブラッド・ピットの製作会社プランBとともにプロデュースする。