「ゴールド 金塊の行方」
ポスタービジュアル Photo by Lewis Jacobs

写真拡大

 オスカー俳優マシュー・マコノヒー(「ダラス・バイヤーズクラブ」)の主演作「Gold(原題)」が、「ゴールド 金塊の行方」の邦題で6月1日から日本公開されることがわかった。合わせてポスタービジュアルも完成し、役作りによってハゲ頭&メタボ体型になったマコノヒーの衝撃的な姿が披露された。「シリアナ」「トラフィック」のスティーブン・ギャガン監督がメガホンをとった。

 本作は、1990年代のアメリカ経済に大混乱をもたらした詐欺事件、通称「Bre-X事件」をもとにしたクライムサスペンス。鉱山事業に失敗し、破産寸前に追い込まれた金鉱採掘者ケニー・ウェルス(マコノヒー)は、インドネシアの山奥で巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げる。その成功はメディアで連日報じられ、彼は一躍時の人に。そんななか、170億ドルの金塊が一夜にして消えたというニュースが飛び込んでくる。「俺は何も知らない!」というケニーの主張も空しく、FBIが動き出す事態に発展していく。

 ストイックな役作りによってハゲ頭に乱れた歯並び、メタボ体型を作り上げたマコノヒーのほか、「ガール・オン・ザ・トレイン」のエドガー・ラミレス、「ピートと秘密の友達」「ジュラシック・ワールド」などで知られるブライス・ダラス・ハワードらが出演。またイギー・ポップが書き下ろした主題歌「GOLD」は、第74回ゴールデングローブ賞主題歌賞にノミネートされた。

 「ゴールド 金塊の行方」は、6月1日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。