『わさび』ポスタービジュアル ©外山文治

写真拡大

外山文治監督の短編映画『春なれや』『わさび』が、8月26日から東京・渋谷のユーロスペースで公開される。

【もっと画像を見る(2枚)】

2013年公開の『燦燦 -さんさん-』で長編監督デビューを果たした外山文治監督。『春なれや』は「ソメイヨシノは60年咲くことができない」という噂を確かめに老人ホームを抜け出した女性と、彼女を案内することになった青年の交流を描く作品だ。主演を吉行和子が務めるほか、村上虹郎、篠原篤らがキャストに名を連ねる。主題歌はCoccoの“Time”。

『わさび』はNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で主人公を演じた芳根京子の主演作。岐阜・飛騨高山を舞台に、心の病を抱えた父を守るため、実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵の姿を描く。同作は『第31回高崎映画祭』でジャパンプレミアを迎え、5月にはアメリカ・ロサンゼルスでの上映も決定している。