【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李徳行(イ・ドクヘン)報道官は10日の定例記者会見で、米国が北朝鮮を先制攻撃する可能性が取り沙汰されていることに関し、「それほど憂慮する必要はないだろう」と述べた。李氏は「米国は北に対する韓国の政策を支持するとしており、韓国政府はすべての問題を平和的に解決するという立場だ」と説明した。

 また、「核やミサイルなどによる北の挑発を賢く解決し、朝鮮半島の平和と安定を守ることが重要だ。韓国政府は米国だけでなく周辺国と緊密に協議していく」との考えを明らかにした。政府の北朝鮮への制裁と圧力は、北朝鮮の態度の変化を導き対話で全てを解決するためのプロセスの一つであり、軍事的な緊張と対決につなげるものではないとも強調した。
mgk1202@yna.co.kr