YGヤン・ヒョンソク代表、iKONの新曲MV撮影映像をSNSで初公開!(動画あり)

写真拡大 (全2枚)

YG ENTERTAINMENTのヤン・ヒョンソク代表が、iKONのミュージックビデオ撮影映像を初めて公開した。

9日、ヤン・ヒョンソク代表のInstagram(写真共有SNS) を通じて公開された同撮影映像でiKONは、7人のメンバーがただ立っている姿だけで現場の雰囲気を圧倒た。YGとiKONが覚悟を決めて出てくるという噂がただの噂ではないことを実感させる映像だ。

iKONはすでに最初の新曲ミュージックビデオの撮影を終えた状況で、9日から始まったミュージックビデオ撮影は2つ目のタイトル曲の撮影だ。

YGの関係者は「ヤン代表は今回のiKONの新曲に期待が高いようだ。普段あまり褒めないことで有名なヤン代表が、周りのスタッフに今回の新曲が今まで発売されたiKONの楽曲の中で最高だと称賛を惜しまなかった」と伝えた。

iKONのカムバックは約1年ぶりで、2016年5月30日に「今日何する」というデジタルシングルを発売したが、あまり宣伝活動はしなかった。それからiKONは長い間日本での宣伝活動に集中し、デビューから1年しか経っていない新人が異例のアリーナーツアーを盛況裏に終えた。そして5月には初のドームコンサートを開催するほど、日本の市場では大きく成長した。

また、YGの関係者は「iKONは昨年日本での活動が多かったため、韓国のファンに申し訳ない気持ちが大きい。何より今年は韓国での活動と宣伝に集中する考えだ。WINNERと同様にiKONも年末まで韓国で活動を続ける予定だ」と明かした。

さらに「今回のミュージックビデオの撮影と編集が終わる頃にiKONの新曲発売日が決まると思う」と伝えた

1年2ヶ月ぶりにカムバックし、韓国のみならず21ヶ国で1位を獲得しカムバックに成功したWINNERのカン・スンユンは、最近のインタビューで「WINNERが感性的な音楽をするグループなら、iKONはエネルギーあふれるグループだ」とヒントを与えた。そして今日公開された短い映像は同じ事務所に所属する2つのグループがまったく異なるジャンルと特色を持って市場を攻略していることを見せてくれている。

iKONの新曲発売日が今月末、あるいは5月初め頃になると予想される中、iKONが1年間積んできたライブの経験とデビューした頃から自作曲を発売してきただけに、どれほど変化し成長した姿を見せてくれるか期待が高まっている。



※動画はクリックまたはタップで閲覧できます。