PokemonGOサービス開始前に公開されたレイドバトルのイメージ

ポケモンGOの開発を手掛けたた米NIANTIC(ナイアンティック)は、公式ブログの投稿において、ポケモンGOに「レイドバトル」を導入することを示唆している。

 

ブログは、イギリスでベストモバイルゲーム賞に輝いたことに対して感謝を述べる言葉からスタート。ポケモンGOをプレイするユーザーや支持するコミュニティに対して、ほかにも10以上の賞を獲得したことと、改めて感謝の意を表明している。

 

そして、現在プレイ中の6500万人(月単位)のユーザーに対しては、「北半球に春が到来します、ユーザーは協力プレイを楽しむため、陽光の下、外でポケモンGOを楽しみましょう」と語りかけた。

 

この協力プレイが何を指すのかは名言していないが、サービス開始前に公開されたPVでは、ニューヨークのタイムズスクエアにトレーナーが集まり、みんなでミュウツーを倒すレイドバトルの様子をイメージとして紹介していた。このことから、ナイアンティックが示す「協力プレイ」とは、ミュウツーのような伝説ポケモンをトレーナーのみんなで協力して倒すようなイベントになると見られる。

また、イベント開始時期も、ブログの内容から北半球の春以降と予想される。

タイムズスクエアにトレーナーが大集合
【公式】『Pokémon GO』 初公開映像より

発表資料

URL:https://nianticlabs.com/blog/

2017/04/10