@AUTOCAR

写真拡大

JPSカラーのエヴォーラ

ロータス・エヴォーラ410の北米向け特別モデル、ロータス・エヴォーラ・スポーツ410 GPエディションが発表された。

エヴォーラ410と同様に、このGPエディションも60kgの軽量化が施され、車両重量は1320kgとなっている。

3.5ℓV6スーパーチャージド・エンジンは、最高出力が410ps、最大トルクが41.8kg-m、0-97km/h加速が3.9秒というスペックだ。また、最高速度の305km/h走行時には、140kgのダウンフォースを生み出すことかできる。

ロータス・エクスクルーシブが手掛けたGPエディション

GPエディションは、1970年代のF1に強力な印象を残したブラックとゴールドのカラーリングを採用した。もちろん、ジョン・プレイヤー・スペシャルのことである。

仕立ては、ロータスのビスポーク部門である「ロータス・エクスクルーシブ」の手によるものだ。

エヴォーラ410は、北米で販売される最も速いロータスである。410の生産台数は全世界で150台とされており、英国における販売価格は£79,900(1,103万円)となっている。