お金をもらう以上、どんな仕事にもストレスが伴うもの。忙しいってだけでも大変だけど、逆に仕事がつまらなくて飽き飽きしているという不満を抱えている人は多いはず。ある意味、時間の経過を長く感じるという点で、忙しいよりもつまらない仕事のほうがツラいかも!?

コスモポリタン イギリス版によると、<Emoulent>がこの点を検証すべく、専門職に就く1,300人を対象に調査。彼らの職業は14の分野に及んでおり、調査の結果、法曹関係者の8割が仕事をつまらないと感じていることが判明したのだとか。

※結果がこちら。カッコ内の数字は、仕事が退屈だと感じている人の割合。

1.法曹関係者(81%)

2.プロジェクトマネジメント(78%)

3.サポート業務(7%)

4.財政管理(68%)

5.コンサルティングおよび会計(67%)

6.金融サービスおよび銀行業務(67%)

7.エンジニアリング(64%)

8.営業(61%)

9.マーケティングおよびコミュニケーション(60%)

10.IT(56%)

どれも専門性も給料も高い、立派な職業の様に見えるけど…。基準は人それぞれだけど、充実して充分なお金を稼げる、自分にとって居心地のいい仕事に就きたいものですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK