金正恩氏=(聯合ニュースTV)

写真拡大 (全5枚)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮があす11日に最高人民会議(国会に相当)を開催する。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の出欠については、その両方の可能性がある。

 北朝鮮の憲法で国の最高指導機関と位置づけられる最高人民会議は、年1〜2回開催されてきた。今回の第13期第5回会議は金正恩体制下で8回目の開催だ。
 金委員長はこれまでの7回のうち2回出席していない。2014年9月の会議は、足の手術を受けた関係で欠席したとみられている。15年4月の場合は特に理由に挙げられるものはないが、国政運営への自信のあらわれとの分析もある。
 金委員長は昨年の党大会などを通じ、自身を頂点とする権力構造を完成させたと評価されており、あすの最高人民会議に姿を見せない可能性が指摘される。
 その一方で、トランプ米政権発足後で初めての開催となる上、金正恩体制発足5年という点を踏まえると、出席するとの見方が強い。北朝鮮が今回の会議で米国などに対するメッセージを打ち出すとの観測もある。
 これに関し韓国統一部の当局者は、「最高人民会議で対外政策が案件として扱われたことはほぼない」としながらも、「議題ではないにしても、金正恩の発言を通じ米国にメッセージを送る可能性はある」と話した。
 来月の大統領選を経て新政権発足を控える韓国に対し、何らかの提案を発表することもあり得る。
 また、今回の最高人民会議では小幅ながら人事改編が予想される。最高人民会議は国務委員会や最高人民会議常任委員会、内閣などに対する人事権を持つ。1月に党組織指導部から調査を受け解任されたと伝えられる金元弘(キム・ウォンホン)前国家保衛相(秘密警察トップ)を国務委員会から除名し、新たな国家保衛相を国務委員に選出するとみられる。
 最高人民会議の4日後の15日は故金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年にあたる。5年、10年を節目の年として重視する北朝鮮はこの日を盛大に祝うことになる。最高人民会議は祝賀ムードの中で開かれる見通しだ。
mgk1202@yna.co.kr