新生活をむかえ、気分を一新! 思い切って今までとは違う自分になりたいと感じる人も多いでしょう。でもルックスにイマイチ自信が持てなくて“地味め”タイプに落ち着いてしまっていることはありませんか? よくいえば無難、わるくいえば没個性になっていては、せっかくの魅力を生かしきれません!
そこで今回は自分で“地味め”だから……と思い込んでしまっている人に向けて、イメージチェンジのためのポイントをまとめてみました。もしきれいになりたいと思うなら、まずは誰より自分がそう信じなくてはいけませんよ!

ヘアスタイルで大きく変わる! まずは美容院へ!

どうにも地味で、ファッションやメイクをいろいろ変えてみても、うまくいかない……。そう感じたら、ヘアスタイルを変えるのが一番の近道です。今まで自分のイメージではないと思っていたゆるふわパーマに思い切って挑戦したり、ワントーン明るめのカラーで全体をあか抜けて見せたり……。現代の美容院の技術はかなりのものです。そんな技術に思いっきり頼り、いろんなサービスを組み合わせて“地味”という呪縛から自分を解き放ってみましょう。

女っぷりが上がるアクセサリーで女子ムードを一気に高める

そもそも顔自体は整形でもしない限り、大きく変えられるものでもないし、もっと自分の素顔を好きになっていいはず。そんなふうに自信を持つために、お守り代わりともいえるアクセサリーを身につけてみてはどうでしょう?
ミランダ・カーはローズクォーツを常に身につけているそうですが、そんなクリスタルのアクセサリーもパワーがありそう。大胆なデザインのものや、本物のダイヤや真珠など価値のあるジュエリー……毎日身につけていれば、女としての自信も確実にアップしていきます。

自分の“チャーミングポイント・ベスト3”を生かす方法を考える

どうして自分のことを“地味め”と判断してしまうのでしょうか。誰にでもその人だけの個性や魅力が必ずあるもの。そしてそれを一番よくわかるのは、ほかならぬ自分自身なのです。自分の“ここはけっこうかわいいな”と思えるチャーミングポイントを3つあげてみましょう。3つが難しいのなら、まずはひとつでもかまいません。そしてそんなポイントをもっと魅力的に見せられる工夫を考えてみてください。たとえば……

・ 唇がぽっちゃりしていてセクシーなら、シュガースクラブなどのケアをしてみる
・ 髪にコシがあってキレイなら、ワンランク上のシャンプーを使ってみる

などなど。コンプレックスは考え込むと、ますますコンプレックスになっていきます。それよりもポジティブな面に目を向けて、チャームポイントをもっともっと磨いていきましょう。

女優さんやモデルさんなど、自分の思う“美のメンター”を徹底研究する

“地味め”というカテゴリーから抜け出すには、正反対にある華やかな人たちをマネてみるのもひとつの方法です。人から注目されることがお仕事の女優さん、モデルさんたちはまさにそんな“美のメンター”としてうってつけ。“キレイだな”と直感的に感じる人の姿から、学べることがきっとあるでしょう。
そんなメンターは自分とは縁遠い人でもかまいません。外国人ではグレース・ケリー、オードリー・ヘプバーン、ココ・シャネルなど……。世界的な“美のメンター”としてアイコン的な存在といえますよね。

自分が心から楽しめる“なにか”を見つけ、とことん追求してみる

自分が“地味だ”とどこか引け目に感じているのは結局のところ、どこか自分に絶対的な自信が持てないからなのかもしれません。そんな状況から抜け出すには、とにかく自分が心から楽しめる“なにか”を見つけてみること。それは恋愛でもいいし、趣味でもいい……また、生きがいと呼ぶこともできるでしょう。そんな心を夢中にさせてくれるものに出会えていると、自分が地味かどうかなんて関係なくなってきます。
あなたをキレイにしてくれる最大の要素は、“毎日ハッピーに楽しく過ごしているか”ということなのです。