福島銀行は4月3日から、同行が自信をもって全国の消費者に薦める商品として新ブランド「福島PROUD」を立ち上げた。(写真は、「福島PROUD」のロゴ)

写真拡大

 福島銀行は4月3日から、同行が自信をもって全国の消費者に薦める商品として新ブランド「福島PROUD」を立ち上げた。マイカーローンや尾瀬の環境保護を支援する寄付金が付いた定期預金など、ユニーク、かつ、お得な商品を「福島PROUD」のブランドのもと、広くアピールしていく。

 福島県は、東日本大震災以降、原発事故に関連する風評被害に見舞われ、福島県産の農産物や食材、水産物等の価格が全国平均よりも安く取引され、海外への輸出も制限されるなど、県内産業が苦境に陥り、県民の誇りも傷ついた。

 そのような中で、福島銀行は2016年3月に、福島の復興・創生を目的とした事業性融資商品「福島PROUD」を発売。同商品は、福島の復興・創生を目的に、福島県内企業の活動を支援すべく、低利で利用しやすいローンとして提供し、利用累計額が1年間で190億円に達し、好評だった。

 そこで、(1)お客様に心から誇れる商品であること、(2)お客様にとってお得な商品であること、(3)ユニークな商品であることのいずれかの条件を満たした商品を新ブランド「福島PROUD」に認定し、全国の消費者に向け、自信をもって薦めることにした。

 「福島PROUD」第1弾に認定したのは3商品。

 「マイカーローン e-車助α(いーしゃすけアルファ)」は、ネット限定で最低金利年1.7%を実現。保証人・担保不要で800万円まで利用可能。

 「ふくぎん目的別ローン11(全11種)」は、資金使途を明確にすることで、金利年1.9%を実現した。使い道は「トラベル」「ブライダル」「メモリアル(葬祭等)」、「医療・介護」「家具・家電」「ブランド品・高級品」「ペット」「楽器」「スポーツ・レジャー用品」「マイカー・バイク」「リフォーム」の11種類。融資額は10万円以上300万円まで、返済は最長10年。

 そして、「ふくぎんエコ定期 みんなの尾瀬」。預け入れた定期預金の年度末残高に対し、0.01%に相当する金額を福島銀行が尾瀬保護財団に寄付する定期預金。預入金額は10万円以上1円単位で上限は1000万円。昨年6月には1048万円を寄付した。

 上記の3商品は、いずれも来店不要で契約・購入が可能。ローン商品はインターネットを通じて24時間365日申し込みを受け付けている。また、定期預金はインターネットバンキングで申し込むと当初1年間は預金金利に年0.005%を上乗せする。(写真は、「福島PROUD」のロゴ)