@AUTOCAR

写真拡大

ポルシェAGおよびアウディAGそれぞれの取締役会会長、オリバー・ブルーメとルパート・シュタートラーは、将来の車両アーキテクチャーの更なる共有のために、開発協力の提携へ向かうことを発表した。

この新構想の目的は、新しいモビリティを具現化することだ。

具体的には、両社の開発力の相乗効果で、電動化、デジタル化、および自動運転の領域を拡大していくという。両社の競争力を高め、これを機に次世代モデルの課題に対し、適切に取り組んでいく狙いがある。

オリバー・ブルーメ、ルパート・シュタートラー 両会長のコメント

「両社はともに将来のモビリティ開発における競争で更なる進歩を遂げることになります。わたし達は専門知識を利用して相乗効果をもたらし、時には協力しつつ、一方ではブランドの差別化を維持することにも注力します。ポルシェは常にポルシェであり、それは将来も同じです」とポルシェAGのオリバー・ブルーメは述べている。

また、アウディAG取締役会会長のルパート・シュタートラーは「両社の最高のブレインが協力し、将来の方向性をまとめます。顧客に最高のソリューションを提供することにおいて、両社は多くの価値観を共有しています」とコメントした。
 

VWグループ内提携は、SUV分野で実績

フォルクスワーゲン・グループ内の提携は珍しいことではない。

アウディ、フォルクスワーゲン、およびポルシェは、SUV分野では長年にわたる協力で成功を収めてきた背景がある。ポルシェとアウディは、新たな開発協力によってこれから先10年の体制を整える意向だ。今後、数ヶ月間で共同チームは協力分野を定め、2025年までの計画を策定していく。

これは、車両アーキテクチャー、モジュール、およびコンポーネントの共同開発が中心になり、プロジェクトは双方のブランドの代表者が率いて、さまざまな分野で実施していく。