ヘビ、もう少し賢くなろう。

自分よりも大きな獲物を丸呑みしちゃうヘビですが、今回は相手がまずかった…! ブラジルでヤマアラシを食べようとして全身トゲだらけにされたヘビが目撃されました。

哀れにも食事にありつけず、トゲの痛みに悶え苦しむヘビの姿をご覧ください。(あ、ヘビ嫌いさんは閲覧注意で、って遅いか)



これは刺激的な映像を取り上げるLive Leakが取り上げた、ヘビ界のグロ動画。

あぁぁ、全身にトゲが…。きっとコイルみたいに締め付けはいいけど、締め付けるたびにトゲが食い込んで「これ以上は無理〜」となったのでしょう。

ヤマアラシのトゲは毛が変化して硬くなったもので、敵の攻撃にあうと簡単に抜け落ちます。痛いだけでなく刺さったトゲから感染症を引き起こすこともあるので、適切な治療でも受けない限りこの蛇は長くないかも…。

そうそう、このトゲ、黄色っぽいですよね。そして事件が起こったのはブラジル。おそらくヤマアラシの種類はアメリカヤマアラシ科のオマキヤマアラシというもので、鼻と口、尻尾以外全身トゲに覆われたタイプではないかと。


20170407_brazilian_porcupine_r.jpg

image: Rosa Jay / Shutterstock.com


「下半身だけトゲのやつはヤマアラシ科ね!」


シンシナティ動物園の解説によれば、他のヤマアラシ同様、オマキヤマアラシも決してシャイではなく、必要あればトゲを逆立ててゆすったり歯をガチガチならしながら唸り声をあげたりするようです。

このヘビが油断しているヤマアラシの背後から襲いでもしない限り、おそらくそういった一触即発のやりとりがあったはず。それでも攻撃に出たというのであれば、ヘビはヤマアラシの力を見くびっていたのでしょうね…。


・ヘビ、ワラビー丸呑み。そしてフレンドリーな馬(閲覧注意)
・うっかり食べすぎて動けない哀れなヘビ現る(閲覧注意)


image: CuorerouC / Shutterstock.com, Live Leak, Rosa Jay / Shutterstock.com
source: Liveleak
reference: Porcupine / Wikipedia, Brazilian porcupine / Wikipedia, Cincinnati Zoo

(中川真知子)