写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IPA(情報処理推進機構)は4月7日、第4次産業革命に向けたIT人材の育成を推進するための新たなスキル標準を策定する一環として、「セキュリティ領域」「データサイエンス領域」に関するスキル標準を取りまとめ、「ITSS+(プラス)」として公開した。

「ITSS+(プラス)」は、セキュリティ領域とデータサイエンス領域について、 具体的な専門分野や業務活動(タスク)、必要なスキルを体系化した指標。

主に従来のITスキル標準(ITSS)が対象としている情報サービスの提供やユーザー企業のIS部門に関わっている既存の人材が、セキュリティ領域やデータサイエンス領域に向けたスキル強化を図るための学び直しの指針とし て活用されることが想定されている。

「セキュリティ領域」は、企業などでより一層のセキュリティ対策が求められていることを踏まえ、専門的なセキュリティ業務の役割の観点により、経営課題への対応から設計・開発、運用・保守、セキュリティ監査における13の専門分野を具体化したという。

13の専門分野は、新たに創設された国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」が想定する業務を包含している。

一方、データサイエンス領域は、IPAがこれまで公開してきたITSSには含まれていない新規の領域。この領域は、ビッグデータや人工知能(AI)など、第4次産業革命に向けて必要性の高まりが指摘されており、一般社団法人データサイエンティスト協会との協業により策定したという。

具体的には、業務において大量データを分析し、その分析結果を活用するための一連のタスクとそのために習得しておくべきスキルがまとめられている。