MIT発、AIでここまで読める「あなたの感情」

<答える人>

●Affectiva CEO ラナ・エル・カリウビ
エジプト出身。 英ケンブリッジ大学にて博士号取得し、米マサチューセッツ工科大学で感情AIのリサーチサイエンティストを務めた後に起業。 75カ国450万以上の人間の表情、400億件の感情データを統合した感情分析ツールを開発。市場調査・広告、モバイルゲームなどの分野で応用が進む。

 

──感情認識技術とは?

【ラナ】人間は感情を声のトーンや出し方、顔の表情などを使って伝えます。なかでも感情と相関関係がもっとも強いのは、顔の表情。人間の顔は、45個の筋肉で動いています。私たちは、その動きをコンピュータで分析して、表情から感情を認識できるアプリケーションを開発しました。分析するのはAI(人工知能)です。75カ国以上450万以上の顔をコンピュータにインプットして、複雑な人間の表情を読めるようにトレーニングを行いました。それによって、「うれしい」「退屈だ」「驚いている」「興味深い」など、8つの大きな感情を識別します。

──人間の表情は複雑だ。

【ラナ】たとえば笑顔は5種類に大別されます。口角の上がり方や強度はどうなのか。すぐに笑っているのか、じわじわ笑っているのか。口だけでなく目も動いているのか。それらのパラメーターから細かく表情を判断しています。

──同じ表情でも、国や地域によって意味するところが違うことがある。

【ラナ】私たちは文化的なベンチマーキングを取っています。各地域で感情の度合いを比較したところ、ラテンアメリカやヨーロッパの人なら中程度の感情を示す表情が、日本人なら高いレベルの感情を示すという傾向がわかりました。感情認識では、こういった違いも考慮しています。

──感情認識の精度は、どの程度か。

【ラナ】一般的な表情なら90%以上の正確さを担保しています。目を細めたり、唇をかみしめるといった複雑な表情まで含めても80%前後。私たちは表情に加え、声のトーンの分析にも投資を始めました。両者を組み合わせれば、さらに正確さが高まるでしょう。

──感情認識技術は、いまどのようなところで使われているのか。

【ラナ】すでに活用が始まっているのは広告やメディア分野です。企業は広告の効果を検証するために、事前に広告を被験者に見せます。ただ、目が笑っていないのに、リップサービスで「いい広告ですね」と回答する被験者もいる。真実の感情はどこにあるのか。それを明らかにするために私たちのサービスが使われています。マクドナルドやトヨタ、ユニリーバ、ケロッグといった企業で試されています。

──将来、活用が期待される分野は?

【ラナ】ソーシャルロボットに組み込まれるとおもしろい。2020年の東京オリンピックの頃にはソーシャルロボットがコンシェルジュやツアーガイドを務めているでしょう。ロボットがお客さんの表情から感情を読み取れれば、より温かな対応が可能になります。

そのほかでは、ヘルスケアにも注目しています。声のトーンや表情からうつ病の兆しを検知すれば、未然に対処できる。ゲーム分野も期待が大きい。自分のアバターがお城の門番に脅す表情を見せれば門があくといった遊び方ができれば、夢が広がります。

さらに言うと、将来は分野に関係なく、あらゆるデバイスに感情チップが埋め込まれるでしょう。車が運転手の疲れを検知して運転をストップさせたり、冷蔵庫が利用者のストレスを検知して、やけ食いをさせないよう扉をロックするといった世界が実現します。

──感情を隠せない世界で、人は本当に幸せになれるのか。

【ラナ】前提として、感情はプライバシーであり、許可なしに読み取ることはありません。また、テクノロジーには乱用のリスクがつきまといますが、トータルでは社会にプラスをもたらすはず。10年前、GPSは同じような懸念を持たれたが、いまはさまざまなデバイスに付き、広く利用されている。感情認識技術も10年後にはあたりまえになっているでしょう。

(Affectiva CEO ラナ・エル・カリウビ 村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影)