トヨタ自動車はレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」を発表。

写真拡大

■「社用車」ではないレクサスを象徴するクルマ

「5年前にデトロイトのモーターショーに出した時は開発の予定がなかった。しかし、米国の販売店トップやお客さまからすごい反響をいただき、レクサスを唯一無二の存在としていくために開発に踏み出した。当初予定がなかったものを開発するのはまったく異例であり、レクサスのブランドイメージを高め、新しい方向性を出せると思っている」

トヨタ自動車は3月16日、都内のホテルでレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」を発表。専務役員でレクサスインターナショナルの福市得雄プレジデントはこう話し、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディのドイツ高級車ブランド、いわゆる「ジャーマン3」を追撃する姿勢を強調した。

V8型5リットルのガソリン車「LC500」と、V6型3.5リットルのハイブリッド車「LC500h」を用意し、価格は1300万円〜1450万円。販売目標はグローバルで月間550台、うち国内が50台としている。海外については5月に米国、7月から欧州などと順次発売していく。

販売台数は少なく、経営の根幹を担う車種とはいえない。しかし、トヨタのLCにかける思いは熱い。開発責任者の佐藤恒治氏は「レクサスのクルマづくりを変える挑戦の象徴として、このクルマの開発に取り組んだ」と明かし、こう付け加えた。

「レクサスがよりエモーショナルなブランドになるために、お客さまの感性に訴えるデザインと走りを備えたブランドを象徴するラグジュアリークーペが必要だった。こだわったのは理屈抜きに格好良いデザインと気持ちのよい走り。スペックにこだわらずに感性価値を追及した」

2012年に米デトロイトモーターショーで公開したコンセプトカー「LF-LC」をベースに開発したLCは、アルミやカーボンなどの軽量の部材を使った新しいプラットフォームを採用。開発のキーワードは「より鋭く、より優雅」で、サスペンションはフロント、リアともに新開発した。軽量の部材を使うことで、ボディ剛性を高めながら約100kgの軽量化を実現している。そして、この新プラットフォームは今後のレクサスのFR(前部エンジン・後輪駆動)車で採用される予定だ。

製造は愛知県の元町工場が担う。この車種のために専用の組み立てラインを新設した。専用ラインは床や天井を白一色にして作業をしやすくすると同時に、一人ひとりの作業工程をタブレット端末で確認しながら行う。「7人の匠と呼ばれる専門技能士を中心にレクサスのモノづくりの技を磨き、1台1台こだわり抜いて、ひとつの作品として世に送り出される」(佐藤氏)。

なぜトヨタは世界で月間550台、国内では月間50台しか売れない新型クーペのために、ここまでのことをするのだろうか。その理由はもちろんブランド力の強化である。ジャーマン3と戦っていくためには、“社用車”としてではなく、レクサスを象徴するようなクルマが必要だったのだ。

■高級車市場で厚いジャーマン3の壁

レクサスの2016年販売台数はクローバルで前年比4%増の67万台超と、過去最高を4年連続で更新している。日本国内でも5万2150台と初めて5万台を突破した。また、福市プレジデントが「この国の人たちに乗ってもらえるようになったらレクサスも本物」と話しているドイツでも順調に販売を伸ばしている。

ただし、2016年のドイツでの販売台数は2500台弱(前年比46.0%増)でシェアは0.07%。「ジャーマン3」のメルセデス・ベンツは9.3%、アウディは8.6%、BMWは7.8%と、まだまだ差は大きい。日本国内でも、メルセデス・ベンツは2016年に6万7386台を販売しており、レクサスは5万2150台なので、約1万5000台の差をつけられている。

2010年〜12年の3年間はレクサスがメルセデス・ベンツを販売で上回っていたが、2013年以降は4年連続で後塵を拝している状況だ。両社の差は13年6959台、14年1万6593台、15年1万6931台で、昨年は広がる差をようやく縮めたが、「打倒メルセデス・ベンツ」の壁は厚い。

クルマの品質では、すでにレクサスはジャーマン3を上回っている。米J.D.パワーの「自動車耐久品質調査」では、レクサスは6年連続で1位を獲得しており、ジャーマン3を凌駕している。それでも勝てないのはなぜか。福市プレジデントはこう話す。

「レクサスは1989年にスタートし、わずか28年の歴史しかない。ジャーマン3は止まっていてもメッセージを出せる。それはそこに込められた過去の長い歴史やストーリーがあるからだ。われわれも挑戦者としてストーリーをつくっていきたい」

これまでレクサスはそうしたストーリーをつくるために、発表会でさまざまな演出をしてきた。14年の「NX」では東京タワーの下でクルマを泡まみれにして走らせた。また15年の「RX」では会場にリングを設置してプロレスのショーをした。ユニークな演出を評価する声もあったが、筆者には肝心のクルマの存在感を薄れさせるだけだったように思えた。ただ、今回はそうした派手な演出はなく、4台のクルマを並べて、じっくり見られるようになっていた。豊田章男社長が連呼する「いいクルマづくり」への自信を感じさせる演出だった。

「このLCはわれわれの新しい時代を象徴するモデルになる。人々を移動させるだけでなく、五感も動かすクルマだ」と福市プレジデントは話す。

試行錯誤の末、ようやく見つけ出したレクサスの新しい道。感性に訴えるクルマづくりでジャーマン3に対抗する。今後のレクサスの動向には目が離せない。

(ジャーナリスト 山田清志=文)