異母兄弟の関係にあたる金正男(左)と金正恩(右)。(時事通信フォト=写真)

写真拡大

■有能でも就けない最高指導者の地位

北朝鮮の前最高指導者である金正日の息子であり、現最高指導者である金正恩の異母兄の金正男が2月13日に殺害された。白昼堂々、マレーシアのクアラルンプール空港の第2ターミナルで、人々と監視カメラが見ている中での犯行である。現在、金正恩が暗殺指令を出したという疑いがあるが、真偽のほどはわからない。なぜなら、金正男は金正恩の地位を脅かすような存在ではなく、殺す必要があるようには思えないからだ。

北朝鮮政府や支配政党である朝鮮労働党が公表している金正日の息子は、金正恩ただ一人である。しかも、金正恩は、父・金正日によって認められ、支配政党である朝鮮労働党によって推戴された正統な後継者だ。まして最高指導者になって5年も経っている。その地位は盤石といえよう。

ただし、韓国には金正男は後継者の資格があるという論説がある。どういうことかといえば、金正恩が最高指導者を継承するにあたって、朝鮮労働党が宣伝した正統性の一つに「白頭の血統」がある。これは、最初の最高指導者である金日成と金正日に続く血統でなければ、後継者の資格がないという理屈だ。なので「金正恩は母親が在日朝鮮人であるため『白頭の血統』としては低く、金正日の最初の子供である金正男が『白頭の血統』にふさわしい。だから金正男をうらやんで金正恩が殺害命令を出したのだ」と見る向きがある。しかしこれは説得力がない。金正男の母親である成瀘屐淵愁鵐悒螢燹砲盧絞未気譴覺攅饅仗箸任△襪燭瓠∪掬性が低い。まして、成瀘屬侶擦牢攅颪蚤弧燭任△襪掘∋个箸修了劼呂垢戮導こ阿頬缶燭靴討い襦さらに正統性がないといえる。

海外で生活していた金正男は多数の外国人と交流した。海外メディアの前に明るく姿を現し、一族による権力継承を批判した過去もある。その姿を見て、金正男に最高指導者になってほしいと思った人たちは結構な数いたであろう。だが、政治に興味がないという金正男が、政治家の仕事をできるとは到底思えない。また金正男は10代から20代にかけて、一緒に住んでいた伯母や祖母や従姉が手を焼くほど素行が悪かった。そして父・金正日はそんな金正男を選ぶことはなかったのだ。

実は、金正男は北朝鮮の人々にほとんどその存在を知られていない。金正日の子供たちは、一般社会から隔離されて育てられたからだ。これは金正恩の同母兄である金正哲も同様である。

一方、北朝鮮の一般人にその存在を知られている一族には、金日成の同母弟である金英柱・最高人民会議代議員(国会議員に該当)、金正日の異母弟である金平一・駐チェコ大使がいる。しかし金英柱はもはや96歳の高齢で、実務はできないだろう。金平一は約37年間外国で暮らしており、時折帰国する程度で北朝鮮の政治にほとんど関係していない。

まだ金正日が存命中のころの話であるが、筆者のもとに、金平一が次の最高指導者になる可能性はあるかと打診してきたポーランドの学者がいた。当時、金平一は駐ポーランド大使であり、親交があるポーランド人がいてもなんら不思議ではない。彼が言うには、友人である金平一は、博識であり、紳士的であり、いくつもの言語を使える有能な人物であるという。それでも、北朝鮮の最高指導者にはなれないだろうと私は言った。前の最高指導者と朝鮮労働党が認めた正統性が欠けているからである。

金平一と同じく、金正男も外国暮らしが長く、北朝鮮で要職の地位になかった。たとえ中国が支持したり、韓国が亡命政権をつくったりしても、金正恩の正統性には到底及ばないし、地位を脅かすとは思えないのだ。

北朝鮮は、政府や党中央レベルでテロや殺人を海外で実施してきた。だから、金正男殺害も金正恩が命令したものという印象を受けやすい。しかし政治的には、金正恩が金正男を殺す理由は見当たらない。もし金正恩が金正男の殺害を命令したとすれば、個人的な怨恨、もしくは過去の金正男の発言に対する制裁ぐらいしか見当がつかないのである。

(聖学院大学政治経済学部政治経済学科教授 宮本 悟=文 時事通信フォト=写真)