写真=PIXTA

写真拡大

子供の頃から成績優秀で、志望校に現役入学。就職活動も引く手あまただった。そんな賢い高学歴者が社会に出た途端、仕事で評価されずにあえいでいる。何が問題なのか。どうすれば解決するのか。世界中で数多くのエリートと仕事をしてきた投資家、ムーギー・キムさんが、ここに処方箋を公開する。

----------

●ケース4:Uさん40歳
仕事の改革を提案したところ、余計なことをする者として部長にマークされる。それがきっかけで閑職に追いやられ、やる気を完全に喪失。自他共に認めるダメ社員になってしまった。副業が順調なため、その方面で食べていきたい気持ちがあるが、辞める勇気が湧かない……。

----------

Uさん(40歳)は、地方の進学校から東京の有名私大に入学。マスコミに興味を持ち、テレビ局に入社し、報道局に勤務した。仕事は忙しいが、充実した日々を送った。

30代前半で、宣伝部へ異動。基本、広告代理店に丸投げで、ルーティンワークをこなす仕事に、「クリエイティブのクの字もない。ひどい部署に来てしまった」と愕然とした。しかし数年経って発言権も与えられるようになったので、つきあいだけで発注していたデザイン事務所を切り替えたほうがいいと当時のZ部長に進言した。

案は採用されかけたが、人事異動により、新部長が就任。Z部長と対立していた新部長は瞬く間に案を却下し、さらにUさんを呼び出し、「言われた仕事をやってればいい。おまえは余計なことをしすぎるんだ」と忠告を与えた。

新部長に睨まれたせいか、翌年、Uさんは総務に異動。交通チケットを手配するのがおもな仕事で、本人いわく「犬でもアルバイトでもこなせる仕事」。一気にやる気を失い、業務でミスを犯しても、どうでもいいと感じるようになった。年下の部下から叱責され、周囲から役立たず扱いされるたび、自分は何をしているのだろうと思う。

実はUさんは宣伝部に異動した頃から、ペンネームで小説を発表しており、この数年、発注が増えている。今は年収にして200万円ほどだが、専業になれば一本立ちできる可能性がないわけでない。

「会社にいる時間がムダだとわかっているので、挑戦してみたい。ただ、今までいい高校、いい大学、いい会社に入っていて、人生のレールをちょっとでも踏み外す経験をしてこなかった。だから、最後の勇気が振り絞れないんです」(Uさん)

▼解説

やりたい仕事を選び、志も高かったUさん。やる気が衝突を生み、結果として責任感や信頼感を失ってしまったのは、皮肉な話である。

一方で本人が自覚しているように、順調な人生を送ってきたゆえレールを踏み外せない弱さがある。学歴があるのも、時に善し悪しと言えよう。はたして仕事をするうえで、学歴は必要なのだろうか。

「仕事、学歴の種類にもよりけりです。多くのグローバル大企業は、いわゆる一流大学を出ていなければ、面接すら呼ばれません。はたまた世の中には学歴が通用しない職種もたくさんあります。現実問題として、学歴はいい仕事をするうえで十分条件にはならないけれど、必要条件になることがあるのは事実です。肝心なのは、勇ましく『学歴なんて関係ない!』と軽視しないこと。一方で『学歴があるから俺はできる!』と過信しないことでしょうね」(ムーギー・キムさん)

----------

▼キムさんのアドバイス

本人の意思に反して適性のない仕事につけられてしまい、また社内政治の犠牲者的な側面もある、同情の余地の大きい事例です。やりたい仕事の部署に異動できる芽がなければ、社内でのキャリアは見切ったほうがいいでしょう。

ただし、小説で食べていくのは相当狭き道。すぐ独立するかどうかは疑問です。幸い、テレビ局は生放送中に司会者に全裸でドロップキックでもしないかぎり解雇されない、労働者の権利が守られた既得権益産業です。粘れるだけ粘って仕事内容に見合わない高い給料をもらいつつ、作家としてやっていけるのか見極める時間を持つべきでしょう。大きなリスクをとるだけでなく、大きなリスクをとっても生きていけるよう、準備するのが大切なのです。

----------

----------

ムーギー・キム
1977年生まれ。プライベートエクイティファンドで働く傍ら、作家としても活躍。近著『最強の働き方』(東洋経済新報社)、『一流の育て方』(ダイヤモンド社)がともに大ベストセラーに。

----------

(鈴木 工=文 PIXTA=写真 アドバイスしてくれる人:投資家 ムーギー・キム)