(fotolia)

写真拡大

 赤ちゃんの笑顔を見ると誰もが癒され、笑い声を聞くと大人もおもわず笑ってしまいます。赤ちゃんはいつ、なぜ笑うのでしょうか? イギリスの児童心理学者キャスパー・アディマン(Caspar Addyman)氏は4年間にわたる調査結果を発表しました。それによると、赤ちゃんが笑う時は何かを学習している時で、赤ちゃんの笑い声と微笑みが人生の初期段階においてとても重要な役割を担っているといいます。

 ロンドン大学バークベック学院(Birkbeck ,University of London)脳と認知発展センター(Centre for Brain and Cognitive Development)の研究員を務めるアディマン氏は2012年、「The Baby Laughter project」というサイトの中で、調査協力を募るメッセージを発信しました。世界各地に散らばる数千世帯の親たちがそれに応じ、約100世帯から赤ちゃんの笑っている動画が提供されました。                                                  

赤ちゃんは、優しく接してくれた大人に笑顔を見せる(fotolia)
 

 データでは、9割の赤ちゃんが生後2〜3カ月頃から笑い始め、その数週間後には声を出してケタケタと笑ったりします。しかし個人差も大きく、誕生して3週目で声をあげて笑う赤ちゃんもいれば、生後10カ月でやっと笑う赤ちゃん(<3%)もいると、アディマン氏は指摘しています。

 さて、赤ちゃんはどんな時に笑うのでしょうか? 赤ちゃんは大人にあやされている時や、何かを知ったり、わかったりした時にニンマリと笑ったりします。大人の助けの下で、思い通りに何かを成し遂げた時にも微笑むことがあります。また、「いないいないばー」のような遊びでは、時間概念を持たない赤ちゃんは驚いたり喜んだりします。相手の顔をもう一度見られることを期待して、手で目を遮るような仕草を学び、一層遊びを楽しむようになります。世話をしてくれる人、遊んでくれる人、顔をよく見る人などと一緒にいる時に、笑いが伴います。 

 

くすぐるなど大人とのふれあいでも赤ちゃんは声を出して笑う(Kyle Flood,Wikimedia)

 また、赤ちゃんは人形や人間に似た動きをする動物にも興味を示します。また、優しい波の音、ついたり消えたりする部屋の照明も赤ちゃんを楽しい気分にするそうです。調査データの中には、鏡に向かって甲高い声で笑う4カ月の赤ちゃんがいました。鏡の中の自分が同じ動きをしているからです。好奇心旺盛な赤ちゃんは常に新しいことを発見し、学んでいます。

 アディマン氏は、2歳位までは笑いながら、いろいろなことを学習していると話しました。これらの内容を「笑う赤ちゃん(The Laughing Baby)」として、彼は本にまとめています。

鏡を見ても面白い?(Christopher Blizzard/flickr)

(翻訳編集・豊山)