ヘント久保裕也、無得点でピッチを後に…首位アンデルレヒトとゴールレスドロー《ベルギー・ジュピラーリーグ》

写真拡大

▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第2節が9日に行われ、ヘントはアンデルレヒトとのアウェイゲームを0-0のドローで終えた。ヘントに所属する日本代表FW久保裕也は右ウィングで先発。85分までプレーした。

▽プレーオフ1は、レギュラーシーズンの上位6チームによるホーム&アウェイの総当り方式で開催。プレーオフ1を白星スタートのヘントは、勝ち点6差で首位に立つアンデルレヒトのホームに乗り込んだ。

▽両軍ともに決定打を見いだせないまま折り返した試合は47分、久保に決定機。右サイドからのアーリークロスに反応した久保がボックス内で合わせるが、枠の上に外してしまう。

▽続く55分にも、久保がハーフウェイライン付近からドリブルで持ち上がって右足のミドルシュート。その3分後には左足でのシュートチャンスが巡ってくるが、いずれもネットを揺らすには至らない。

▽結局、85分に久保をベンチに下げたヘントは、アンデルレヒトとゴールレスドロー。プレーオフ1の戦績を1勝1分けとしたヘントは17日に行われる次節、シャルルロワとのアウェイゲームに臨む。