日本自動車工業会は3月16日、新車投入効果により2016年度(2016/4-2017/3)の国内新車販売で、前年度比+2%増(登録車:+6.2%、軽自動車:‐5.2%)が見込まれると発表しました。

そして今回、自販連(日本自動車販売協会連合会)が4月6日、2016年度の登録車販売台数を発表。それによると、前年度首位だったトヨタ「アクア(15.5万台)」が2位に後退し、4代目となったトヨタ「プリウス(22.5万台)」が首位に返り咲いています。

3位にはホンダ「フィット」に代わり、2代目となったトヨタ「シエンタ(12.7万台)」がランクインしており、4位にはe-POWERを搭載した日産「ノート(12.4万台)」が食い込むなど、自工会の予想どおり新車効果が表れている点が注目されます。

また3月の登録車総販売台数が39.8万台(前年同月比+14.8%増)と、大幅な伸びを示しており、首位に「ノート(2.4万台)」がランクインしたほか、クロスオーバーSUV、トヨタ「C-HR(1.7万台)」が4位にランクインしています。

一方、軽自動車は増税や燃費不正問題の影響を受け、2年近くに渡って販売台数が落ち込んでいましたが、今年に入って回復傾向を見せています。

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の4月6日発表によると、2016年度の販売台数で首位のホンダ「N-BOX(19.2万台)」や、3位のダイハツ「ムーヴ(11.5万台)」、6位のスズキ「スペーシア(9.3万台)」が健闘しています。

また、3月の軽自動車総販売台数が前年同月比で微増となる18.6万台と持ち直しており、2桁台の大きな伸びを示している車種もみられ、ようやく低迷状態からの脱却が期待できそうです。

(Avanti Yasunori・画像:自販連、全軽自協)

【関連記事】

国交省の低燃費車ランキングで日産「ノート」が2位に!
http://clicccar.com/2017/04/08/461265/

トヨタ、2017年の生産・販売・輸出共に滑り出し好調!
http://clicccar.com/2017/04/04/459832/

日産が新型「リーフ」の9月デビューを急遽発表した理由とは?
http://clicccar.com/2017/03/23/456459/

「DNGA」を展開するダイハツ、第1弾は次期「ミラ」か?
http://clicccar.com/2017/03/22/456232/

新型エコカーの投入効果テキメン!? 国内市場に復調の兆し!
http://clicccar.com/2017/03/21/456050/

2016年度新車販売「トヨタ プリウス」が22.5万台で首位に返り咲き!(http://clicccar.com/2017/04/10/461597/)