ワンダーウーマンになるまでの日々を描く (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

写真拡大

 DCエンターテインメントとワーナー・ブラザースがタッグを組んだ新作映画「ワンダーウーマン」の特別映像が公開された。主人公のワンダーウーマン/ダイアナ・プリンスを演じるガル・ギャドットと共演のクリス・パインの日本に向けたメッセージと、幼いダイアナがワンダーウーマンになるまでの日々が描かれた映像が収められている。

 映画は、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に登場した美女戦士ワンダーウーマンを主人公にした物語。世間から離れた島で、女性だけで生きる一族のプリンセスとして生まれたダイアナ・プリンスが、最強の戦士へと成長していく過程や、初めて出会う男性スティーブ・トレバー(パイン)との関係を描く。

 映像では、ギャドットが1949年に日本女性の地位向上を目的に制定された「女性の日(4月10日)」を祝い、「みんなで本当のスーパーヒーローを応援しましょう!」と呼びかけている。さらに、既報の特報映像では見ることができなかった、本編の新映像も収録。若かりし頃のダイアナがトレーニングに明け暮れる姿や、自らの能力に目覚める瞬間、スティーブと英ロンドンへ出向き、慣れない環境に戸惑いながらも悪と戦う様子などが確認できる。

 メガホンをとったパティ・ジェンキンス監督は、「この映画の実写化は、フェミニズムの軌跡に、大規模な業界が追いついたことを意味していると思う。かつては女性スーパーヒーローを描くことに多くの障壁があったけれど、今は違う。ワンダーウーマンを、ひとりの普遍的なキャラクターとして描ける時代が来たのよ」と今作を製作できた喜びを語っている。

 「ワンダーウーマン」は、8月25日から全国で公開。