日本のラリー史を知るチャンス

東京・お台場にあるMEGA WEBは、6月25日までモータースポーツヘリーテージ「日産ラリー車 特別展示」を開催中だ。

MEGA WEB内にある「モータースポーツヘリテージ」コーナーは、ラリーに参戦した車両展示を行っている。ここではトヨタだけではなく他の日本の自動車メーカーの車両も展示して歴史を紹介することを目的としており、今回は3台の日産車を展示する。

1958年式のダットサン1000富士号は同年オーストラリア一周ラリー「モービルガス・トライアル」Aクラス優勝したマシン。1万6000kmを19日間で走破するという過酷なラリーだ。

1970年式ブルーバード1600SSSは同年第18回東アフリカサファリラリーで日本車初の総合優勝をしたマシン。じつはポルシェ911S(ナロー)やランチア・フルヴィア1.6HFも参戦していたがリタイヤしていた。

1971年式ダットサン240Zは同年第19回アフリカサファリラリーの優勝者。1971年はワンツーでフィニッシュしており、続いて3位にフランスのプジョー504という順位だった。

この機会に、貴重な展示車両をぜひ堪能してほしい。

モータースポーツヘリテージ『日産ラリー車 特別展示』

■期 間:3月24日(金)〜6月25日(日)

■場 所:MEGA WEB ヒストリーガレージ 1F モータースポーツヘリテージ

■特別協力:日産自動車株式会社