狭い仕事もとことんまで磨き上げれば、その先の世界が広がる。


 何人かの学生から、次のような相談を受けたことがある。

 就職してしまうと将来が決まってしまう。そう思うと就職するのが怖い。

 学生でいる間は、何にでもなれる可能性が残されているが、就職してしまうともうその仕事を一生続けるしかない。もちろん転職もできるだろうけれど、そうなると日本の場合、転職先は収入も低くなり、福利厚生も悪くなることが多い。だから就職には慎重にならざるを得ない。

 しかしどの仕事が自分に合うのか、果たして自分が何をしたいのかもはっきりしない。就職して後悔したくない、でもどこに就職すれば後悔せずに済むのかも分からない・・・。

 悩むあまり、就職活動すること自体が億劫になり、留年してモラトリアムを継続する、という学生もいる。

 そういう学生に、私は次のような話をすることが多い。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

狭い仕事でもその先に世界が広がっている

 鉄鉱石は可能性のカタマリだ。カナヅチにもなれればノコギリにだってなれるし、クギやフライパン、自動車になってなれる。まさに可能性のカタマリだ。しかしそのままでは何の役にも立たない。鉄鉱石はカナヅチのようにクギも打てないし、ノコギリのように木を切ることもできないし、卵焼きも焼けない。可能性のままで居続ければ、やがて錆びて朽ちるだけに終わるだろう。

 でももし、大工さんが肌身離さず手元に持っておきたくなるようなカナヅチになったとしたら? ビルの建築現場や家具づくりの工場、あるいは美女の自宅のリフォームにも連れて行ってもらえるかもしれない。

 カナヅチになると確かにノコギリのように木は切れないし、クギのように木材に深く刺さることもできない。多くの可能性を失っているのかもしれない。その代わり、使い勝手のよいカナヅチになれば、いろんな現場に出会えるカナヅチになる。可能性を狭めるからこそ、広い世界に出られるということもある。

 包丁もそう。包丁はカナヅチみたいにクギは打てないし、ノコギリのように木は切れない。包丁になることで多くの可能性を失ってしまうのかもしれない。しかし包丁として優れたものになれば、大工さんやお医者さん、学校の先生や美女に食事を提供するという広い世界に出会える。あえて特化するからこそ、広い世界との出会いを持てるということがある。

 カナヅチよりもノコギリがよかった、包丁になるよりフライパンがよかった、なんて「あり得たかもしれない他の人生」を探すよりも、今、自分に与えられた、あるいは選び取った人生をこれでもかというくらい磨くこと。営業だったら、誰もが相談したくなる営業マンを、製造だったらこの人に聞けばみんな分かるというエキスパートに、事務だったらこの人に任せておけば大丈夫と思われる人になればいい。

 与えられた仕事をしっかりこなせば、狭いと思っていた仕事をきっかけに、いろんな出会いが持てるもの。あえて特化して、特化しまくって、その先に広がる世界を楽しみにしてもよいのではないか。

やりたい仕事は自分で呼び込む

 それともう1つ。仕事を「与えられたものをこなすしかない」と思いすぎ。確かに会社勤めは、指示されたことをきちんとこなすのが大切。とはいえ、将来の希望まで黙らなければならないわけではない。

 目の前の仕事をきっちりこなしながら、「僕、こんなことをやりたいんです」と熱く語り続けていると、不思議なことに、そういう話が会社に舞い込んできたとき、「そういえばあいつ、ずっとこんなことをやりたいと言っていたな」と、話を持ってきてくれる。

 仕事は受け身ばかりではなく、自分から「自分のかたちを作る」ことも可能。もちろんすぐとはいかない。けれど、ずーっとこれやりたい、これやりたいと訴えていて、それでいて目の前の仕事もしっかりこなし、やりたいことの勉強も続けている人間がいたら、「あいつにやらせてみるか」となるものだ。どんな会社に行くにしろ、自分から仕事は取りに行く姿勢でいるとよい。

 私と同年代の人間で、政治家になりたいと言っていたやつは本当になった。企業社会にインターンの制度を根付かせたいと言っていたのは、本当に根付かせてしまった。「こんなことがしたい」と言い続けていると、不思議なもので、そうした話を周囲が持ってきてくれるものだ。

 だから、「自分に適した会社に就職して自分にぴったりの仕事を与えてもらう」という受け身の姿勢ではなく、「どの会社に行こうとも、いずれ自分のしたいことが見つかったら、そのための努力を惜しまない」という前向きな姿勢でいたらいい。

 仕事というのは、与えられるばかりでなく、取りに行くもの。自分に合っていない仕事だと嘆くのではなく、自分に合った仕事を呼び込むこと。そう思えばいいんじゃないかな。

“天職”は仕事の外にあってもいい

 あと、仕事を自己実現の場所として考えすぎ。飯を食うためだと割り切るのも1つ。会社で給料に見合う仕事はこなしつつ、アフターファイブに生きるのも1つ。趣味でもよし、ボランティアでもよし。自分が本当にしたいことが、給料をもらえるようなことでないとしても、それが本当にやりたいことなら、それが君の“天職”。

 無給だけれども“天職”を続けるために、日中アルバイトをして稼ぐ気持ちで構わない。だって、世の中に本当に役立つことが、必ずしも金儲けにつながらないということなんて、よくあることなのだから。

* * *

 まとめると、就職したら人生が決まってしまうなんて思い詰める必要はない。

 就職した後でも、自分のやりたいことを呼び込むことは十分可能。

 もう1つは、仕事に過大に期待することをやめて、アフターファイブに自分のやりがいを見つけることもオーケー。趣味に生きたい、ボランティアで活躍したい、家庭を守りたい、友達を大切にしたい、1人でいたい。なんでもオーケー。仕事に求めず、仕事の外に生きがいを求める生き方もアリだよ──。

 そんな風に話をすると、大概の学生は気が軽くなるのか、就職活動を始める。

 しょせんは仕事でしかない。それくらいの割り切りがあってもよいと思う。それくらいに気を軽くすると、逆に見えてくることもあるものだ。

筆者:篠原 信