吉岡里帆は連ドラ初ヒロイン!

写真拡大

 「TOKIO」の長瀬智也が、7月放送のTBS日曜劇場「ごめん、愛してる」で主演を務めることがわかった。日曜劇場では初の主演に挑戦する長瀬が、吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶら豪華共演陣とせつなくも美しいラブストーリーを紡ぎ出す。

 本作は2004年にKBSテレビで制作され、最高視聴率29.2%を記録したソ・ジソブ主演の韓国ドラマ「ごめん、愛してる」(邦題)のリメイク。幼少期、母・麗子(大竹)に捨てられ底辺で生きてきた岡崎律(長瀬)は、ある事件に巻き込まれ致命的な怪我を負った結果、命がいつ尽きるかわからない状態に。死ぬ前に親孝行をしようとする律だったが、やがて幸せそうな生活を送る麗子の姿を目の当たりにしたことで復讐心を抱いてしまう。暗たんたる日々に希望をもたらした女性・凛華(吉岡)との恋、ピアニストとして活躍する麗子の息子・サトル(坂口)との複雑な関係を織り交ぜながら、律が“愛”を求めて葛藤する姿を描く。

 「(本作のような)ストレートなラブストーリーは、19歳の時に出演した『ラブとエロス』以来」と述懐する長瀬。「『ラブなんか』とちょっと否定していた自分もいたかもしれません」と認めながらも、「今は素直に『自分がラブストーリーと向き合うならどうなるのか』という思いでやりたいです」と告白した。「30代後半になって“愛”に対して思うことが、20年前とは全然違うと思うんです。今回の役を通してその気持ちを素直に受け取って演じようと思います」と意気込みを語っている。

 連ドラ初ヒロインを務めることになった吉岡は「思ってもいなかった大きなお役に緊張と責任を感じております」と述べつつ「素晴らしい共演者、制作チームの方々と丁寧に作品と向き合っていけたらと思います」と意欲十分。日曜劇場初出演となる坂口は、屈託のない姿で人々を魅了するサトルに「どこか悲しく、寂しそうな印象」を受けたという。「まずは彼を知って、自分に重ねて、サトルにとっての愛の形、姿を見せられるように精一杯お芝居をしたいと思います」と話し、役づくりのためにピアノレッスンを開始したことを明かした。

 97年放送の「Dearウーマンスペシャル あのセクハラバスターズが帰ってきた! 婚約解消!? ワナにはまった多聞の恋絶体絶命大ピンチ」以来20年ぶりに長瀬と共演することになった大竹。「スタッフ、キャストの皆さんと共に楽しく、そして誇れるドラマになるようワンカット、ワンカット、一生懸命演じてゆきたいと思っています。次週が待ち遠しい、そんなドラマがつくれたらいいなぁー。頑張ります」とコメントを寄せている。

 「ごめん、愛してる」は、7月からTBSで放送開始。