Microsoftは4月7日、同社の提供するアプリ「Microsoft Translator」やSkype翻訳で、日本語のリアルタイム翻訳が利用可能になったと発表しました。日本語を含む10言語が利用可能です。

スマホでリアルタイム音声翻訳!最大100人の会話を同時通訳

リアルタイム翻訳が利用可能となったアプリ「Microsoft Translator」は、iOS版をはじめWindows版、Android版が提供されており、複数人の会話をリアルタイムで各国語に翻訳し、会話に参加しているメンバーのスマートフォンに結果を表示します。
 

 
日本語を含む10言語は音声でのリアルタイム翻訳が可能で、アラビア語、中国語(北京語)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語との翻訳に対応しています。このほか、50以上の言語では文字をタイプして翻訳させることができます。
 
会話には、最高100名までのメンバーが参加可能で、「Microsoft Translator」がインストールされたスマートフォンのほか、ブラウザから(http://translate.it)も利用可能のため、デバイスの種類も問いません。
 
詳しい使い方は、以下の動画で紹介されています。
 

2つの人工知能を組み合わせて実現

音声によるリアルタイム翻訳は、音声認識用と機械翻訳用のAI(人工知能)を組み合わせることで実現されています。具体的には、以下のように行われています。
 

 
話した言葉がMicrosoftの音声認識システムへと送られ、文字データ化されます。その後、「えーと」など意味を持たないフレーズを削除、句読点の追加などの処理を行ったうえで、機械翻訳用AIが文脈を理解して自然な翻訳を行い、テキスト読み上げによって音声変換が行われています。
 
Microsoftは、使用されるほど機械学習によりシステムが進化するAIテクノロジの特性から、「これは最初の一歩に過ぎない」と今後のさらなる進化を予告しています。
 

Skypeでもリアルタイム音声翻訳が可能に!

Microsoftによるリアルタイム音声翻訳は、Skype翻訳にも導入されており、日本語での利用も可能となっています。
 
Skypeと固定電話や携帯電話との通話に使えば、海外への電話のハードルもぐっと低くなります。
 

 
なお、Skype翻訳が利用可能なのは、Skype for Windows デスクトップ版、Skype for Windows 10 プレビュー版、Skype Web 版となっています。
 
Skypeでのリアルタイム音声翻訳の様子は、日本の野球少年と、アメリカからホームステイしていた青年が、Skype翻訳を通じて交流する様子を描いた動画で紹介されています。
 

 

Microsoft Translator
カテゴリ:辞書/辞典/その他
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:Microsoft(1), (2)
(hato)