8日、中国四川省簡陽市にある「高すぎる」路線バスの案内板に、利用者から不満の声が上がっている。

写真拡大

2017年4月8日、中国四川省簡陽市にある「高すぎる」路線バスの案内板に、利用者から不満の声が上がっている。成都商報が伝えた。

【その他の写真】

問題の案内板は市内に2カ所あり、1つは高さ約2.6メートル、もう1つは約3.48メートルもあるという。

利用者からは「高い上に字が小さくて読めない」「キリンにでも見せる気か」などの不満が出ている。

路線バスの運営会社は「歩行者の頭がぶつかるのを防ぐため高く設置した」としているが、苦情を受け、市当局に設置変更を申請し、許可待ちの段階だと説明している。(翻訳・編集/柳川)