好きな気持ちが強い男性は、少し面倒くさいですよね。

そして、自分を本気で好きなのかを確かめたい時、空回りな言動の多い男性の真意は、見逃してしまいがちに。

恋愛は、すれ違いのオンパレード。それは、彼の好き過ぎる気持ちの空回りが、関係しているのかもしれませんよ。

そこで今回は、本気度を確かめたい、恋のすれ違いを減らしたい方必見の、男性が本気で好き過ぎるあまりに、つい空回りする言動をご紹介致します。

 

■好き過ぎて…束縛しがちに

本気で好き相手への空回りで、最も多いのが“束縛”です。

結果として、彼女の気持ちが離れてしまうかもしれないとわかりながらも、不安や恐怖から束縛に走ってしまう男性はかなり多いのです。

あからさまな束縛はせず、巧妙な手口で意のままに操る術を持ち合わせていないのも然り、また、それができたとしても、卑怯な手口のように思い、気持ちをそのままぶつける、不器用なことしかできないのも然りで、束縛したくないのに、束縛をしてしまうのかもしれませんね。

考えようによっては、強い束縛は、強い思いであることは確かです。

それをよしとするかは別ですが、束縛は、好き過ぎるあまりの空回りNO.1の、愛情表現であることは確かですよ。

 

■本気で好きだと自信が持てない…モジモジしちゃって誘えない

本気で好きな相手に自信満々になれる人は、そう多くありません。

人間誰しも少なからず、内なる不安と闘っているものですが、本気で好きな相手となれば、女慣れしているモテ男であろうと、なかなか自信が持てずに、上手に誘えないこともあるのです。

いわゆる“本命”であるが故に、本領を発揮できなくて、誘えもしなければ、口説くこともできず、オジャンになってしまうこともあり、メンタルの弱い男性にとっては、これほどまでに悔しいことはないのです。

モジモジ誘いたそうにしている男性や、下手くそな誘い方をする男性は、実は、あなたの事を本気で好きだからこその、モジモジなのかもしれませんよ。

 

■良い男を演じ過ぎて自分を見失う

これも多いケースですが、本気で好きな女性の前では、つい良い男を演じたくなるのが、男心というものです。

女性の猫を被るのと近いですが、女性は脱ぐのも得意ですよね。一方男性は、良い被り物を被ったはいいですが、脱ぎ方まで考えていないのが殆ど。詰めの甘さを感じてしまいますよね。

良い男を演じ過ぎて自分を見失い、結果“いい人”止まりに甘んじている男性は、沢山いるのです。

もしかすると、あなたの周りにいる“いい人”も、あなたに好意を抱いているのかもしれませんよ。

 

■気持ちが先行して…暴走モード

表現力が豊かな人は、気持ちが先行して、つい恋の暴走モードに入ってしまいます。

恋の暴走モードになると、一人でてんやわんやして、浮き沈みを繰り返したり、女性の気持ちが追い付いていないのに、アレコレと話を進めてしまうことがあります。

大抵の女性は圧が強すぎて、ドン引きするか、圧に負けて流されてしまうのが落ちですが、本気で好きだからこその暴走ですので、嫌でなければ、そのまま流れに乗るのもいいのかもしれませんよ。

 

本気で人を好きになってしまうと、浮かれるあまりに空回りな言動になってしまうのは仕方がありません。

表に出る気持ちが強い男性は、周りが見えなくなり、苦笑いしてしまうような振る舞いをしてしまいがちですが、それは、本気で好きな証拠でもあります。

その姿は、ちょっとダサいかもしれませんが、気持ちだけは理解してあげて下さいね。

【画像】

※  gpointstudio/shutterstock

【関連記事】

※ 本気の証!男性が「本命女子」にだけ見せる行動

※ 元カレの名前をうっかり…アラサー女がやらかした「エッチ中の失言」

※ 愛されている証。男が「周りに自慢したくなる」彼女の特徴

※ 映画のワンシーンのよう!男が密かに憧れるキスのシチュエーション5選

※ ずっとラブラブ♡「愛され彼女」が意識しているモテ行動4つ

※ タイミングが大切!「彼女いらない」と言う男が恋をしたくなる瞬間