高倉なでしこ、コスタリカに3発快勝! 熊本復興試合となった国内初陣で白星《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽なでしこジャパンは9日、熊本県民総合運動公園陸上競技場で行われたキリンチャレンジカップ2017〜熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本〜のコスタリカ女子代表戦を戦い、3-0で勝利した。

▽高倉体制初の国際大会となった先月のアルガルベカップ2017を2勝2敗の6位で終えたなでしこは、これまでの主力である熊谷、阪口、中島らをスタメンで起用。さらに同大会で活躍した長谷川は中盤に、横山は2トップの一角に名を連ねた。また、最終ラインでは19歳の市瀬がフル代表でのデビュー戦となった。

▽高倉監督就任以降、初の国内試合となったこの一戦。なでしこが立ち上がりから攻勢に出ると4分、右サイドでボールを受けた中島がカットインから左足でシュート。13分には、中島の右CKからファーサイドで待ち構えていた熊谷が頭で押し込むも、枠を捉えることができない。

▽好調な滑り出しを見せるなでしこのペースで試合が進むと、前半半ばにアルガルベ杯得点王の一振りでなでしこが均衡を破る。23分、横山がボックス手前で高木からパスを受けると、巧みに反転して左足を振り抜く。これがゴール右上隅を突き刺した。

▽前半終盤に差し掛かると、先制に成功したなでしこが細かいパス回しでコスタリカを翻弄。左サイドに入った長谷川を経由したパスワークから幾度もゴールに迫ると、42分に長谷川が敵陣中央からロングシュートを放ち、積極的な姿勢を見せるなど順調な試合運びで試合を折り返す。

▽後半に入ると、試合を優位に進めるなでしこがコスタリカを攻め立てる。60分、籾木と横山でボックス内に侵攻すると、ボックス左にラストパス。これを長谷川が右足インサイドでゴール右上を狙うも枠を捉えきれない。

▽追加点を奪え切れないなでしこは後半半ば、一瞬の隙からコスタリカに決定機を作られる。65分、相手最終ラインからのロングボールでメリッサ・エレラに自陣ボックス右への侵攻を許すと、GKと一対一に。右足でシュートを打たれるも、GK池田の好守で同点ゴールを許さない。

▽ピンチを脱したなでしこがリズムを取り戻すと、待望の追加点が生まれる。74分、長谷川のパスを受けた上野がボックス左外からクロスを供給。これに反応した田中が左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。さらに82分、左サイドを突破した長谷川がGKとDFの間にクロスを通すと、走り込んだ籾木がダイレクトで流し込んだ。

▽リードを3点に広げたなでしこはその後、終盤まで攻勢を続けてコスタリカを圧倒。3発快勝で熊本復興試合となった国内初陣を白星で飾った。