コスタリカ戦で先制点を挙げた横山。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[熊本地震復興支援マッチ]日本女子代表3-0コスタリカ女子代表/4月9日/熊本

 なでしこジャパン対コスタリカ女子代表が9日、熊本県民総合運動公園陸上競技場で行なわれ、なでしこジャパンが3-0で勝利した。

【日本 3-0 コスタリカ PHOTO】新生なでしこが快勝で熊本に勝利を届ける!
 
 先制点が生まれたのは23分。ペナルティエリア付近でボールを持った横山久美が相手DFをかわして左足を振り抜き、ミドルシュートを突き刺した。

 さらに、なでしこジャパンは74分、左からのクロスに田中美南が合わせて2点目。82分には途中出場の籾木結花が3点目を見舞い、コスタリカを粉砕した。
 
 3月のアルガルベカップで得点王に輝いた23歳の横山は、この日もキレのあるプレーでゴールを奪取。新エースと呼ぶにふさわしい存在感を示し、高倉麻子監督にアピールした。
 
 なでしこジャパンは今後、6月の国際親善試合でオランダ、ベルギーと対戦。来年4月に行なわれる女子アジアカップ(女子ワールドカップ予選)に向けて強化を進める。