中川大志と岡崎紗絵がサプライズ訪問

写真拡大

4月15日の公開初日に先駆け、4月8日に都内の淑徳巣鴨中学高等学校で映画『ReLIFE リライフ』の公開直前イベントが行われ、1200名の学生が待ち受ける中、主演の中川大志と岡崎紗絵がサプライズで登場し、新生活をスタートさせる生徒たちの悩みに回答した。

[動画]中川大志×平祐奈、人生をやり直す実験!?/映画『ReLIFE リライフ』予告編

本作は、入社した会社をたった3ヵ月で自主退職し、その後は再就職できないままコンビニバイトを続ける27歳ニートの海崎新太(かいざき・あらた)が、ある日、突然現れた謎の男から「人生、やり直しませんか?」と勧誘され、見た目だけ若返る薬を飲み、もう一度高校生活を送るというストーリー。中川が主人公の海崎新太役を、岡崎は海崎が通い始める高校3年生のクラスメイト・小野屋杏(おのや・あん)役を演じる。

この日、2人は、学生たちが両サイドに座っている真ん中の通路より手を振りながら登場。中川は気合いたっぷりの元気な声で「1年生、入学おめでとうございます。2、3年生、新学期おめでとうございます!」、岡崎も「みなさん、キラキラ輝いてて驚きを隠せなかったです。新学期おめでとうございます!」と挨拶。サプライズイベントということで、2人の登壇を全く知らされていなかった生徒たちは大盛り上がり。

続いて、生徒による悩み相談がスタート。明日試合があるサッカー部の生徒が、緊張症で、緊張をほぐす方法について尋ねると、中川が「僕も人前で仕事をしているのでよく緊張しますが、緊張をほぐすために歯を磨きます」と答え、会場からは”へえぇ〜”という声が。中川は「歯を磨くと精神的に落ち着くというか、参考になりませんね(笑)」と続け、ルーティンを作ることで緊張をほぐす秘訣を伝授。

高校3年生になった別の生徒からは、今のうちにやった方がいいこと、やらないと後悔することについて質問され、岡崎は「卒業してもはや3年経ちますが、学生時代部活などをやっていなくて、何か学生時代に没頭できるものがあるとこの先きっと役に立つので!」とアドバイス! 中川は「本作も高校最後の1年間が描かれていて、ちょうど今春に僕も高校を卒業したばかりですが、制服を着れなくなるのが本当に寂しかったです。まだ、部屋の目立つところに制服を飾っていますが、制服を着た姿を写真でいっぱい撮ったり、遊びに行ったりで思い出を作ってほしいです」と呼びかけていた。

そして、この日のクライマックスとして、「友だちがほしい」と素直な気持ちを告白する日代(平祐奈)に海崎(中川大志)が「よくできました」と優しい言葉を投げかけながら頭をぽんぽんする胸キュンシーンを再現する試みが。キャストの質問に答えたいと挙手していた生徒の中から選ばれた男女が登壇し、夢について、学生時代に没頭していることについての話をした後、中川から”ご褒美”としてぽんぽんが!中川の「けんとくん、よくできました」という声とともに頭ぽんぽんされた男子は「めっちゃ嬉しかったです」と照れながらも笑顔いっぱいの表情。続いて女子に「なおちゃん、よくできました」と甘い声で中川が頭をぽんぽんすると、会場からは「きゃ〜」というこの日一番大きな悲鳴と歓声が巻き起こっていた。