安倍昭恵・首相夫人(ロイター/アフロ)

写真拡大

「トカゲのしっぽ切りはやめて」と叫び、国会での証人喚問で安倍晋三首相の関与までほのめかした森友学園元理事長の籠池泰典氏。

 大阪地検特捜部は5日、小学校建設を目指した森友学園への国有地売却を担当した財務省近畿財務局職員に対する背任容疑の告発を受理した。同日、大阪府は森友学園をめぐり近畿財務局職員と小学校の設置認可事務を担当した府職員のやりとりの調査結果を公表、2013〜15年に職員が5回府庁を訪れ、設置認可の審議状況などを確認していたことを明らかにした。財務省が大阪府に認可するよう働きかけていたことが明白になったかたちだ。

 財務省の動きは、役人による「忖度」なのか、それとも上からの指示によるものなのか。永田町の動きをよく知る、ベテラン国会議員秘書は語る。

「具体的なものではなく、『森友の希望価格で土地が渡るようにしなさい』くらいの、イメージはざっくりしたものでも、かなり強い意志が伝わっていたと思います」

 では、強い意志の発信源は、一時期は小学校の名誉校長を務めていた安倍昭恵・首相夫人なのだろうか。

「昭恵夫人はこのことに限らず、いろいろ首をつっこみたがるので、そのひとつとしてやっていたのだろうと思います。昭恵夫人付の官邸職員の谷査恵子氏が、籠池氏や財務省とのやりとりを独自にやっていたかのように官邸は言っていますが、それはあり得ないです。私たち秘書や官僚は、絶対に勝手にそのようなことはやりません。ただ、昭恵夫人は細かい指示はしてないでしょう。『籠池さんの希望が通るように返事しといてね』といったアバウトな言い方だと思います」

 では、やはり感覚で行動する“天真爛漫”な昭恵夫人の意向によって、森友への国有地払い下げや小学校認可は動いていたのか。

「国会議員の圧力もあったと思います。ゴミ問題もすごかったので、『このままだと誰にも土地を買ってもらえなくなるから、さっさと話を進めてしまおう』という考えも、財務省にはあったと思います。8億円の値引きに値するほどかどうかは、誰もわからない状態ですが、ゴミがあったのは確かですから」

●“昭恵夫人潰し”

 さまざまな思惑が絡み合った森友問題だが、昭恵夫人ばかりがクローズアップされるのは、なぜなのか。

「昭恵夫人は脱原発を口にしたり、沖縄・高江のヘリパッド建設反対の拠点を訪れたりと、夫の立場を省みない言動も多いですから、首相官邸スタッフや自民党の人たちが、『これがいい機会』だとばかりに“昭恵夫人潰し”を狙っていると思います。昭恵夫人の行動を封じ込めるような情報を流したり、記者からコメントを求められればそのように答えたりしていますから。昭恵夫人には『もう動いてくれるな』『ただの首相の奥様としておとなしくしててください』というのが、自民党、官邸スタッフ、そして安倍首相の願いですから」

 では、森友問題はどのように着地するのだろうか。

「籠池氏の自己破産などで官邸側は終わらせたいのだと思います。森友は借金が返せないので、実質破産すると思います。自民党の上層部は考え方が古いので、そういうことで決着させればいいんじゃないかと思っている節はすごくあります。しかし、それでは絶対に国民は納得しないですが、その国民感情を官邸は理解していない。安倍首相の初期対応のミスというのが大きいと思います」

●着地点

森友問題が国会で取り上げられた当初、「私や妻が関係していたということになれば、これはもうまさに総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきり申し上げておきたい」と安倍首相が言い放ったことが、「それなら辞めさせてやろう」と野党をやる気にさせたことは、衆目の一致するところだ。

「解散総選挙に持ち込んで信を問うというのが、決着の一つとして考えられますが、安倍首相の支持率も下がっており、選挙したら議席が減るので、自民党の議員たちは『今解散をするべきじゃない』と強く言っています。安倍首相自身は『勝てる』『議席は減らない』と思っているようですが、周りの人たちがデータを見せて、いろいろ説得しているようです。安倍首相が3期目の自民党総裁選を乗り切って、長い政権運営を目指していますから、今解散することは絶対にマイナスだと周囲は考えています。

 うやむやのままで問題の幕引きをしたい官邸の意向が通るのか、マスコミが誘導している内閣総辞職という方向になるのかは、流動的といえます」

籠池氏の社会的抹殺で森友学園問題を終結させようとした政府・自民党もまた、崖っぷちに立たされている。
(文=深笛義也/ライター)