銭湯は遊び場だ。クリエイターがジャックする

写真拡大 (全3枚)

生まれてきたままの姿になって、丸っと素の自分でリラックスできる銭湯。

余計な気遣いやマウンティングに辟易した女子たちの、新たな憩いの場として火がつきそうな予感です。

そんな銭湯には、まだまだ秘めた可能性があるみたい。

元銭湯で開催される謎解きアートゲーム

ジャックされる前の釜場

2017年4月22日(土)〜5月6日(土)までの間、東京・根津にある元銭湯「宮の湯」で開催されるのが暗号を解いて秘密の部屋を目指す謎解きアートゲーム「浴場とヒタキバを巡る小さな冒険」。

期間中、宮の湯は新進気鋭のクリエイターたちにジャックされます。

透明なクジラがいたり、金の便座が鎮座していたり...。若い才能がこれでもかと爆発しているようです。

20170409_sento02.jpg

そんな「カオス」が広がる空間でおこなわれる謎解きゲーム。脱衣場のロッカーにはクイズが隠されていて、そのクイズを解いて暗号をゲットすると、秘密の部屋「ヒタキバ」に行くことができるとのこと。

クイズを解くのに夢中になっているうちに、いつの間にかアーティスティックな世界にすっぽりと包まれているのを感じるはずです。

アートってなんだか近寄りにくいイメージだったけど、遊び感覚で体験できるのなら楽しそう。

銭湯の可能性はまだまだ広がっています。

※入浴はできません。

[浴場とヒタキバを巡る小さな冒険]

日時:2017年4月22日(土)〜5月6日(土)
   ※若干前後する可能性あり

定休日:火曜日

時間:16:00〜21:00 
   ※最終入館20:30

会場:東京都文京区根津2-19-8 元銭湯「宮の湯」

入館料:1,000円(学生は300円)

文/浦田昆

こちらも読まれています

・銭湯待ち合わせでスタート。女子会の基本に戻りたいなら

・気持ちの切り替えが上手な人、下手な人の共通点 #sponsored

・なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored