湘南が勝利を飾り2位へ浮上した

写真拡大

[4.9 J2第7節 東京V2-3湘南 駒沢]

 J2の第7節が9日に各地で行われた。5連勝中で首位に立つ東京ヴェルディはホームで湘南ベルマーレと対戦。東京Vが先制するも、湘南がMF菊地俊介の2得点などで逆転に成功。3-2で勝利し、2位へ浮上した。ここまで5戦連続無失点の東京Vだったが、今季初の複数失点で6戦ぶりの黒星。首位から3位へ後退した。

 東京Vは前節負傷した影響でDF永田充がベンチ外。変わりにDF畠中槙之輔が初先発した。また中盤ではMF渡辺皓太が今季初先発でMF内田達也とダブルボランチを組み、2列目右では前節・岡山戦(1-0)で決勝点を挙げたFW安西幸輝が先発。FWドウグラス・ヴィエイラは開幕戦以来のベンチスタートとなった。

 前節・讃岐戦(0-3)で今季初黒星を喫した湘南は、先発を大幅に変更。DF杉岡大暉とMF石川俊輝が3戦ぶりに先発復帰したほか、MF神谷優太が今季初先発。ルーキーの18歳MF石原広教が先発抜擢でJデビューし、前線ではともに2戦ぶりの先発となるFWジネイとFW山田直輝が組んだ。

 5連勝中の勢いそのままに立ち上がり押し込んだのは東京V。果敢に攻め込んでいった。すると前半16分に試合は動く。右サイドMF高木大輔のスローインからPA手前正面のMF高木善朗が左後方へ戻す。受けたMF安在和樹が入れたクロスをPA内右の杉岡がクリアミス。頭で落としたボールを拾った安西が右足シュートでネットを揺らした。東京Vが安西の2戦連続弾で1-0と先制に成功する。

 1点を追う湘南は失点で目が覚めたか一気にギアを上げていく。果敢にプレスへいくと前半21分に同点弾。神谷の縦パスを受けたMF菊地俊介がDF井林章を前に前身し、PA正面から右足シュートを突き刺した。1-1と振り出しに戻す。

 失点に浮き足立つ東京Vは細かいパスミスが続き、押し込まれていく。この隙を湘南は逃さない。前半33分には逆転に成功。東京Vがビルドアップでもたついたところを突いた。

 ハーフウェーライン手前でMF高木善朗が後方へ戻す。体勢を崩していた井林は上手くボールを足元に収められない。石川が素早くカットしてドリブルで前進。後方から走ってきた山田がPA左でボールを受け、シュートを放つ。GK柴崎貴広に阻まれたが、ゴール前右へ詰めていたジネイがこぼれを右足ダイレクトで決めた。湘南が逆転に成功。そのまま前半を終える。

 互いに交代なく迎えた後半。またもゴールネットを揺らしたのは湘南だった。後半9分、左サイドから仕掛けた山田がCKを得る。神谷の左CKからゴール正面へ飛び込んだ菊地が頭で叩き込んだ。菊地のこの日2点目で3-1と差を広げた。

 2点を追うことになった東京Vは後半11分に二枚替え。今季ここまでフル出場していた高木大に代えて、ドウグラス。高木善に代わり、MF梶川諒太が入った。後半25分には東京Vに決定機。安在のクロスから安西がヘディングシュートを打つも、ポストを叩く。跳ね返りにFWアラン・ピニェイロが詰めたが枠外だった。

 後半32分には互いにルーキーを代える。湘南は石原に代わり、DF岡崎亮平を入れ、東京Vは渡辺に代わり、MF橋本英郎を入れた。後半44分に湘南はジネイに代わり、FW端戸仁を送った。後半アディショナルタイム3分に東京Vは安在が強烈なミドルシュートを叩き込み、再び1点差に詰め寄るも、直後に試合は終了。湘南が3-2で勝利した。

(取材・文 片岡涼)