『リバーデイル』

写真拡大

アメリカのティーン向け長寿コミック「Archie」の登場人物に基づいた米CWのティーンサスペンスドラマ『リバーデイル』。本作を手掛ける重役たちが、同局の人気アクションドラマ『ARROW/アロー』とのクロスオーバーを望んでいることを明らかにした。米Hellgigglesが伝えている。

ショーランナーのロベルト・アギーレ=サカサ、製作総指揮のサラ・シェクター、アーチー・コミックのCEOジョン・ゴールドウォーターらはロサンゼルスのアナハイムで開催されたWonderConに揃って出席。『ARROW』と『THE FLASH/フラッシュ』のクロスオーバーが始まって以来、CWでは他のドラマでもクロスオーバーを取り入れることが通例となってきており、『レジェンド・オブ・トゥモロー』や『SUPERGIRL/スーパーガール』も"アローバース(『ARROW』から広がった作品群の総称)"に後に加わり、毎シーズン行われるクロスオーバーはファンにとって大きな楽しみの一つとなってきている。そして今度は、出版社の垣根を越えて『リバーデイル』と『ARROW』のクロスオーバーが期待されているそうだ。

『リバーデイル』のプロデューサーやクリエイターたちも"アローバース"とのクロスオーバーに関心を持っているようで、アギーレ=サカサは「実現するかはわからないが、僕はクロスオーバーが大好きなんだ。(『ARROW』などDCドラマの製作総指揮)グレッグ・バーランティに"一緒にやろう!"と言われるのを待っているんだけど、今のところ、まだ予定はないよ」とコメントした。

サカサは『リバーデイル』の世界にグリーン・アロー(スティーヴン・アメル)が訪れてくれることを思い描いているといい、「パニッシャーは別の世界(マーベル)だが、アローはパニッシャーのようだと思うし、グリーン・アローがリバーデイルに来てくれたら素晴らしいだろうね」と、アローの訪問を心待ちにしている様子だ。

シーズン2への更新も既に決定している『リバーデイル』シーズン1はNetflixにて配信中。(海外ドラマNAVI)