血液型【猫かぶり】ランキング A型は他人の前では常に本心を隠す!

写真拡大

 本当の自分を隠して、人前ではおとなしくしていることを「猫をかぶる」と言います。好きな人の前はもちろん、会社の人と話すときだったり、初対面の相手だったり。誰でも一度は猫をかぶったことがあるのでは? 今回は、血液型別に猫かぶりしやすい人を、ランキング形式にして紹介します。さて、あなたは何位にランクインしているでしょう?

■第1位 A型……他人の前では常に猫かぶり
 いつもまわりの目を気にしているA型は、常に本心を隠し、たとえ友達でも自分の本音をさらけ出したりはしません。また平和主義者なので、誰ともぶつかり合わないような言動を心がけています。そのため、周囲からはとてもいい人だと評判になることが多いでしょう。ただし、その分ストレスはたまりがち。Twitterで鍵付きアカウントを作って、そこに吐き出している人もいるようです。

■第2位 AB型……必要があれば猫をかぶる
 頭の回転が速いAB型は、メリット次第で猫をかぶるタイプ。好きな人の前ではおとなしく、取引先では笑顔でさわやかな対応します。しかし、気心の知れた家族や友達相手には、横暴な態度をとってしまうことも。言い換えれば、損得なしの関係を築いているともいえるのですが、あまりの豹変ぶりに、本当のAB型を知っている人は苦笑するしかないのです。

■第3位 O型……猫をかぶるのが面倒
 フレンドリーなO型。誰ともでも仲よくしたいと、自分から心をオープンにして関係を深めようとします。一方で堅苦しいことが苦手なので、相手に合わせて本心を隠してまで関係を築こうとは思いません。また、非常にポジティブな性格なので、素の自分でも受け止めてもらえるだろうと考えています。

■第4位 B型……そもそも猫かぶりって何?
 自分が第一主義のB型は、思ったことはすぐ口に出してしまいますし、ウソも苦手。猫をかぶるという考え方とは真逆の性格をしています。その分、裏表がなくて付き合いやすいとも思ってもらえることも。しかし公的な場でも自由に行動するので、「もう少し猫をかぶってくれ」と思われることもあるようです。

 「猫かぶり」というと聞こえはよくないかもしれませんが、人前でいつも本心のまま振る舞うのも考えもの。TPOに合わせた付き合い方をしながら、少しずつ自分の「素の姿」を伝えていけるようになるくらいがちょうどいいのかもしれません。
(草磲健太)