エーザイの「アップシットシリーズ」の「ポケット嗅覚識別テスト」

写真拡大

医薬品メーカーのエーザイは、保険薬局や自治体向けに2017年4月3日から嗅覚識別テスト「UPSIT series(アップシットシリーズ)」の販売を始めた。

加齢とともに変化する五感のなかで嗅覚は、視覚や聴覚などに比べると年齢とのかかわりで語られることは多くない。だが、最近の研究では、その衰えが重大な警告である可能も指摘されている。

学会で報告されたコワ〜い話

スウェーデン・ストックホルム大学のヨナス・ オーロフソン博士らのグループはこのほど、中高年期に嗅覚が衰えると早期に死亡の可能性があることを報告。米老年医学会の機関紙のウェブサイトに2017年3月22日、その研究報告が掲載された。

それによると、同博士らのグループは40〜90歳のスウェーデン人1774人を10年間にわたり追跡し、結論を得たという。オーロフソン博士は「われわれが得た結果は認知症では説明できない」としている。

「アップシットシリーズ」を発売したエーザイによれば嗅覚は、食品腐敗や衛生環境、ガス漏れ、火災の検知など日々の生活の安全に関わる重要な感覚の一つ。嗅覚のなかにも「何のにおいか嗅ぎ分ける(識別)力と、においが薄くても気付く(閾値)力」があり、加齢のほか、体調や記憶、心理的状態によってもその力が変わることを認識しておく必要がある。

保険薬局や自治体向け「ポケット嗅覚識別テスト」

「嗅覚識別力の変化には、自覚症状が乏しいといわれている。『アップシットシリーズ』の使用により、においを嗅ぎ分ける力の変化を客観的に確認することで、体調や心理的状況の変化に気づくきっかけとなる」とエーザイ。

「アップシットシリーズ」は、米センソニックス・インターナショナルが開発、エーザイが日本での独占的販売権を獲得し国内市場向けの改良を加えた。「ポケット嗅覚識別テスト」はマイクロカプセル化した 4 種類のにおい成分を台紙に塗布した嗅覚識別テスト。嗅覚識別力を 3 分程度で確認できるという。

ストックホルム大学の研究報告を報じた英紙「テレグラフ」のウェブサイトの記事(17年3月22日公開)によると、これまでに、米フロリダ大学、同ハーバード大学などが嗅覚と加齢の関係について実験などを実施している。

それによると、フロリダ大学の研究は、落花生のにおいをかぎわけられる距離によってアルツハイマー病と診断できる可能性があると報告。左の鼻孔を右の鼻孔より6センチ以上落花生を近づけなければならない場合は同病と診断されるという。

ハーバード大学の研究では、アルツハイマー病の患者は、レモンやミント、イチゴなど一般的な10種類をかぎわけることが困難だったと報告されている。アルツハイマー病では、血管のプラークが脳細胞をふさぎ脳の嗅神経を傷つけているとみられる。

しかし、専門家らによれば、嗅覚の衰えは副鼻腔炎などの可能性もあるので、一時的なものについては慌てることはないという。