「シカゴ・タイプライター」ユ・アイン、イム・スジョンの前世が公開

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「シカゴ・タイプライター」ユ・アインとイム・スジョンの前世が公開された。

韓国で8日午後に放送されたtvN「シカゴ・タイプライター」でチョン・ソル(イム・スジョン) はストーカーのために腕を痛めたハン・セジュ(ユ・アイン) の代わりに、新作の草稿をタイピングした。

その瞬間、2人の前世ヘストーリーが移った。1930年代にもチョン・ソルは手を怪我したハン・セジュの代わりにタイプライターで原稿を打った。

ハン・セジュは新聞に原稿を載せるため、自転車に乗って走ったが倒れてしまった。この時、笑いながらチョン・ソルが登場し、ハン・セジュは「走って! 10分後に輪転機が回る」と、原稿を彼女に渡した。

しかし、チョン・ソルは新聞社の反対側に向かい、「言ったじゃない。偉大な文を書いてと。そんな三流小説が新聞に載るのは、紙面の無駄使いだよ」と指摘した。

ハン・セジュは明るく笑いながら離れて行くチョン・ソルをぼんやりと眺めていた。