高カカオのチョコが人気だが(写真:アフロ)

写真拡大

 カカオ成分が多く含まれたチョコレート人気が続き、その効能を報告するレポートも多く出されている。だが中には少々勇み足ではないかと思われる実験報告がネットでぷち炎上したケースも。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 カカオ成分が豊富に含まれた「高カカオチョコレート」の人気は、チョコレート業界全体への波及効果も大きい。2015年には小売金額ベースで5040億円(前年比3.7%増)。その人気を支えているのが、次々に明らかになる健康面に対する効果だ。

 例えば愛知学院大学のチームの研究では、豊富に含まれるカカオポリフェノールには「脳の神経細胞を増やすのに重要な液性タンパク質「BDNF」を活性化し、アルツハイマー型の認知症やうつを防ぐ」、「高めの血圧を下げる」作用などが日本人347人を対象とした臨床試験で確認されている。

 また帝京大学の研究では「便秘傾向の女性がカカオ分72%のチョコレートを食べたところ、排便回数や便量が増加」するのだとか。カカオに含まれるカカオプロテインが腸内細菌のエサとなり、善玉菌が増え、腸内環境が整えられるというのだ。

 今年に入ってからも続々と高カカオチョコレートにまつわる研究発表がなされている。

 新しいところでは3月24日に森永製菓が「ハイカカオチョコレート共存下における、ビフィズス菌BB536の増殖促進作用を確認した」と発表している。高カカオチョコレート入りとなし、それぞれの培養液を入れた試験管内でビフィズス菌B536を8時間かけて培養したところ「なし」の培養液ではほとんど変化しなかったのに対し、高カカオチョコレート入りの培養液では菌の数が29倍に増加するといった結果を確認。今後も再現性や、作用成分、ヒトの体内でも効果が認められるかなどの研究を継続し、高カカオチョコレートとビフィズス菌の相乗効果について研究を重ねていくという。

 今年、高カカオチョコレートに関する研究発表でもっとも大きな話題を集めたのは、1月に行われた菓子メーカーの明治と内閣府の大型研究プロジェクト「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)山川プログラム」の共同記者発表だろう。

 発表内容は「高カカオチョコを食べると大脳皮質の量が増加し、学習機能を高める可能性がある」というもの。「カカオ成分70%以上の高カカオチョコレートを4週間に渡り、成人が毎日摂取したところ、大脳皮質の量が増えた」ことが確認されたといい、ネットメディアなどは「脳の若返り」と見出しに打った。

 しかしこの発表を取り上げたのは、一部のネットメディアのみ。科学部などを持つ大手の紙メディアはほぼ黙殺した。そればかりか1月24日付の「日経産業新聞」は「「高カカオのチョコ食べ、脳が若返る」──仮説段階、国の発表に疑問」とこの発表に対して懐疑的な視線を向けた。

 記事では「問題は論文に投稿して第三者の査読を受けていない内容を科学的な成果として発表したこと」「この段階での発表に疑問が残る」とバッサリ。実際、研究ではカカオ成分70%以上のチョコレートを食べた前後の状態を比較していて、カカオの成分量が少ないものや、あるいはないものなどとの比較実験はされていない。

 この点については、Twitterで医療・研究系のアカウントから「え、、税金使ってるんだから、二重盲検でやってくださいよ……」、「これが『オープンサイエンス』『イノベーション』というのも、迷惑な話」、「アウトカムが『大脳皮質の量』www」などと総ツッコミ状態。

 前出の日経産業新聞の記事でも、脳機能や認知機能との関連データの有無についての質問に、プロジェクトマネージャーは「まだ研究を始めたばかり」と解答。「今後さらに大規模で長期的な実証研究が必要になる。今回あえて中間報告をしたのは、様々な企業や個人を巻き込みながら情報を広く共有し、開かれた科学を目指す試みにするためだ」と続けたという。

 高カカオチョコレートの効果に確信があり、「様々な企業や個人を巻き込」むのが目的ならば、もう少し研究を重ね、論拠を積んでからのほうが効果的だったのではないか。バレンタインデーまで1か月を切った時期に無理をして発表をせずとも、有用な内容であれば心ある研究者たちは興味・関心を示すと思うのだが。