中国人の姿が消え閑散として明洞の街並み 共同通信社

写真拡大

 THAAD(高高度防衛ミサイル)の配備を開始した韓国が、中国の激しい経済報復に喘いでいる。真綿で首を絞めるように、ヒト・モノ・カネの往来を閉ざし、揺さぶりをかける中国の報復戦略は、韓国にどれほどの打撃を与えているのか。

 中国政府が韓国への団体旅行を全面的に禁じた3月15日、ソウル最大の繁華街・明洞は、明らかにいつもと違う表情を見せていた。夕刻の人混みは相変わらずだが、目抜き通りに飛び交っていた中国語の呼び込みの声はまったく聞こえない。

 つい数か月前まで中国人団体客で賑わっていた飲食店や各種ショップは、どこも閑古鳥が鳴いている。

 暇を持て余し、スマホをいじっていた化粧品店の女性店員に話を聞いた。中国語が堪能な彼女は、大挙する中国人の接客要員として2年前に採用されたという。

「今年になると徐々に中国人客が減り、同期の店員が2人辞めさせられた。2月に入り、自分も8000ウォン(約800円)の時給を5500ウォン(約550円)に減らされた」

 同じく明洞で飲食店を営む60代の女性もこう嘆く。

「中国人客が明らかに減ったのは今年に入ってから。2月には全盛期の半数になり、3月はほぼゼロ。中国人は嫌いだが、韓国人よりお金を落としてくれるので助かっていた。この状態が続けば店を畳むしかない」

 昨年、韓国を訪問した外国人は約1700万人と過去最高を記録。中国人は半数を占める800万人に達していた。だが、THAAD問題が表面化した昨夏から徐々に中国人客が減少。3月15日以降は個人旅行客も激減している。

 明洞と並ぶ繁華街の東大門市場や鍾路でも悲痛な声が聞こえてきた。

「東大門市場には中国から多くのバイヤーが訪れるが、3月15日以降は個人も渡航に制限が掛けられているようだ。市場には普段の3分の1程度しか中国人がいない。今までにない危機感を感じる」(靴の卸業者)

「鍾路では、今年に入り3人の貴金属商が経営難で自殺に追い込まれたと聞いている。貴金属は取り引き額も大きく、中国人相手に商売する人間のダメージは計り知れない」(鍾路の商店主)

◆「何度も泣かされた」

 週末、再び明洞に足を運んでも状況に変化はなかった。ロッテデパート前で入庫待ちの列を成す中国人のツアーバスも見当たらない。デパート1階の化粧品売り場、アクセサリー売り場、靴売り場……。両手に買い物袋をぶら下げ闊歩していた中国人が、忽然と姿を消した。

 デパート上層階にある免税店も人影はまばらだ。女性販売員が打ち明ける。

「昨年2月、急増する中国人客に対応するため2フロアだった免税店を4フロアに拡張した。客の8割は中国人で、人気ブランドショップは入場制限をかけるほどの混雑ぶりだったが、3月15日を境にぱたりと客足が途絶えた。今年3月の売り上げは例年同期の6割ほどではないか。私は中国語スタッフとして採用されたため、解雇されると思う」

 女性販売員は自身の雇用に不安を隠しきれない様子だが、一方で、中国人に対する怒りも滲ませた。

「私は、中国人客に『もっと上手な中国語を話せ!』などとなじられ、泣かされたことが何度もある。正直、彼らには良い印象を持っていない。もう韓国に来てほしくない」

 デパート地下の惣菜売り場で働く50代の女性も、こう本音を漏らす。

「中国人は混雑する店内でもわが物顔でキャリーバッグを引いて歩くし、味見ばかりで商品を買わない。注意すると逆切れするし、いなくなって清々した」

 もともと悪評が目立つ中国人観光客だが、THAAD問題で中韓関係が険悪化してからは、韓国人とのトラブル増加が顕著になっているという。中国人ツアー担当の女性ガイドが語る。

「少数だが、昨年後半から、THAADや違法中国漁船への射撃事件など、韓中の摩擦をネタに絡んでくる客が出てきた。『韓国は調子に乗りすぎた』『中国と戦争して勝てるのか』などと挑発されても言い返すことができず悔しかった」

※SAPIO2017年5月号