海上公試運転に向けてバージニア州にある米造船大手ハンティントン・インガルス・インダストリーズのニューポートニューズ造船所を出航し、初めて自力で航行する米海軍の新型空母「ジェラルド・R・フォード」(2017年4月8日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米海軍の次世代空母フォード級の1番艦「ジェラルド・R・フォード(USS Gerald R. Ford、CVN 78)」が8日、海上公試運転に向けてバージニア(Virgnia)州にある米造船大手ハンティントン・インガルス・インダストリーズ(Huntington Ingalls Industries)のニューポートニューズ(Newport News)造船所を出航した。

 新型空母としては40年ぶりの建造となるジェラルド・R・フォードは、搭載された主要システムや技術の、造船所による総合的な試験のために数日間の海上公試に臨む。
【翻訳編集】AFPBB News