浦和ユースはU-18日本代表CBの橋岡(4番)が守備の要として奮起。終盤の青森山田の猛攻を食い止めた。写真:田中研治

写真拡大 (全4枚)

 4月9日、高円宮杯U-18サッカーリーグ/プレミアリーグの第1節(2日目)が東西で開催され、前回覇者の青森山田、サンフレッチェ広島ユース、市立船橋など注目チームがオープニングマッチに臨んだ。
【PHOTO】 日本高校選抜vsU-18 Jリーグ選抜を彩った好タレントたち
 
 プレミアリーグEASTの注目の大一番、昇格組の浦和レッズユースと青森山田の一戦は、両者ががっぷり四つに組む白熱の攻防が繰り広げられた。試合が動いたのは40分、中盤を支配していた東北の雄が先制点を挙げる。左SB佐藤拓海のクロスをニアでFW中村駿太がすらし、中央で待ち受けたMF郷家友太が落ち着いて流し込んだ。さらに青森山田は59分にもCKから郷家がヘッドで流し、ファーサイドの中村が押し込んで2点目。優位に試合を進めた。
 
 突破口を見いだせなかった浦和だが、ハーフタイムにMF井澤春輝を、57分にFW樋口颯太を投入して攻撃的にシフト。すると64分、PKのチャンスを得て主将のCB橋岡大樹が決めて1点を返す。ここからが圧巻だった。勢いに乗った浦和は鋭いカウンターを連発し、疲れの見える青森山田DF陣を翻弄していく。70分にFWシマブク・カズヨシのCKをMF大西翔也が頭で合わせて同点に追い付くと、83分、MF長島幹樹のドリブル突破で敵陣を揺さぶり、最後は井澤が鮮やかな切り返しで相手DFを手玉に取り、左足でゴールに流し込んだ。見事な大逆転劇に、歓喜の咆哮を轟かせた。
 
 浦和の大槻毅監督は「非常にパワーが必要な試合だった。やはりプレミアリーグは熱量が違う。選手たちの強い想いが結果につながった」と語った。
 
 柏レイソルU-18と京都サンガU-18の一戦は、新エースFW森海渡の2得点により柏が2-1で勝利した。
 
 昨季と同様に分厚いポゼッションをベースに中盤を支配した柏だったが、ボランチ福岡慎平やDF俣野亜以己を軸とする京都の堅陣を崩すには至らない。じりじりした展開のなか、56分に均衡を破ったのが森だ。MF山田雄士のロブパスに鋭く呼応して抜け出し、滑りながらダイレクトで合わせた。さらに同点とされて迎えた81分、今度はCKを打点の高いヘッドで叩きつけて勝ち越し。選手本人は「仲間がいいパスをくれたんで決めるだけでした」と謙遜したが、価値ある2ゴールを挙げて存在を誇示した。
 
 市立船橋と鹿島アントラーズユースの強豪対決は、開始7分にファーストゴールが生まれた。
 
 鹿島の左CK。MF出津真哉がファーサイドに送ったボールをDF中村勇太がヘッドで折り返し、フリーのFW金澤蓮が難なくゲット。熊谷浩二監督率いる精鋭軍団が、幸先良いスタートを切った。
 
 日本高校選抜の活動のため、新主将で左SBの杉山弾斗を欠く市立船橋も負けじと反攻。MF郡司篤也、FW福元友哉を押し立て、高いインテンシティーで鹿島を揺さぶる。だが最後の詰めが甘く、フィニッシュには結びつかない。
 
 すると54分、鹿島はふたたびリスタートの流れから追加点を奪う。左サイドから放った出津のFKがこぼれ、混戦からボールを拾ったMF渡邉伶那斗がゴールに蹴り込んだ。終盤は市立船橋の猛攻に苦しみ、83分に郡司のパワフルミドルで1点を奪われたものの、しっかりリードを守り切った。
 
【プレミアリーグEAST/第1節】
4/8 10:30 大宮ユース 1-1 横浜ユース
4/8 13:00 FC東京U-18 2-3 清水ユース
4/9 10:30 浦和ユース 3-2 青森山田
4/9 13:00 柏U-18 2-1 京都U-18
4/9 15:30 市立船橋 1-2 鹿島ユース
※会場はすべて味の素スタジアム西競技場
 プレミアリーグWESTの第1試合には東福岡が登場。神戸弘陵を相手に2点を先制しながらも勝ち切れず、初戦を引き分けで終えている。
 
 まずは22分、右サイドのMF木橋朋輝が左足でゴール前にフィードを送り、巧みな胸トラップで抜け出した主将のMF福田湧矢が先制点をねじ込んだ。さらに62分には木橋が強烈なスライダー回転のかかった30メートルFK弾を突き刺し2-0。楽勝ムードを漂わせたが、このあとがピリッとしなかった。
 
 69分にFW住田翔に1点を返されると、74分にはオウンゴール献上で同点とされてしまう。守備の要であるDF阿部海大の不在が響いたのか、大事な局面で最終ラインに綻びが出た。88分、MF江村凜太郎の放ったミドルがバーを叩いて万事休す。1ポイント奪取にとどまった。
 
 第2試合ではプレミア初参戦の阪南大高が広島ユースに挑戦。FW明比友宏を基準点に中盤の構成力を高める広島に圧倒され、なかなか突破口を見出せない展開が続いた。そして56分、GK太田航生の弾いたボールを拾ったMF川村拓夢に左足で豪快ミドルを突き刺され、先制を許す。75分にMF中村成龍が強烈な直接FKでU-18日本代表GK大迫敬介をテストしたのが最大のチャンスで、ビハインドを背負ったまま、時計の針は93分を指そうとしていた。
 
 まさに終了間際、ドラマが生まれる。際どいFKを放った中村のCKを、長身DFの吉田岳晴がドンピシャヘッドで合わせて同点!! よもやの展開で、昨季のWEST王者から勝点1をもぎ獲った。
 
 プレミアリーグはFC東京U-18、青森山田、市立船橋と優勝候補がいずれも黒星スタートとなり、東福岡と広島ユースが勝ち切れずに追いつかれるなど、第1節から波乱含みの展開となっている。
 
【プレミアリーグWEST/第1節】
4/8 10:30 C大阪U-18 4-4 大津
4/8 13:00 神戸U-18 1-0 米子北
4/8 15:30 G大阪ユース 1-0 福岡U-18
4/9 10:00 神戸弘陵 2-2 東福岡
4/9 12:30 阪南大高 1-1 広島ユース
※会場は 瓮ンチョウスタジアム、◆瓮筌鵐沺璽好織献▲狡控