原作シリーズがカバーできる! - 写真は「レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと」シーズン1より
 - Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 Netflixドラマ「レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと」の第3シーズンが決定したとTVLineが報じた。

 同ドラマはレモニー・スニケットことダニエル・ハンドラーの全13巻の児童小説「世にも不幸なできごと」をドラマ化したもので、両親を亡くし、意地悪なオラフ伯爵(ニール・パトリック・ハリス)に引き取られたボードレール家の3きょうだいが主人公。次々と降りかかる出来事に負けず、両親が残した謎を解き明かそうとするが、やがてオラフ伯爵が両親の遺産を狙っていることを知る。

 第2シーズンの決定は、レモニー・スニケットからの手紙という形でSNSを使って約1か月前に発表されたばかり。ドラマのオープニング曲でも「見るな、見るな」と言っているのと同じトーンで、「何度も見るなと警告をしたにもかかわらずお前たちがNetflixのドラマを見たがために、彼らがいい気になって第2シーズンを作ると言い出した。喜ぶがいい、二度とこんないい思いはできないぞ」という内容だった。

 第3シーズンまで製作されることになれば、原作のシリーズがすべてカバーできると喜んでいるファンが多いようだ。(澤田理沙)