風邪や花粉症で鼻水が出始めると、もう仕事や家事どころではありませんよね。ティッシュで鼻をかめどかめど鼻水は増すばかり。こんなに苦しめられるのなら鼻水なんていらない。こう思っている人もいるのではないでしょうか。しかし鼻水はわたしたちの健康を守る上で、決して欠かせない役割を果たしてくれているのです。邪魔者として扱われがちな鼻水の大切な役割について見ていきましょう。

鼻水の役割とは

わたしたちの鼻は通常、内側の粘膜や鼻毛によって、ウイルスやアレルゲンの進入から守られています。伸びた鼻毛やヌメヌメする粘膜は疎ましく思われがちですが、わたしたちを病原菌等から守ってくれているわけですね。鼻水もこれと似た役割を持っています。まず鼻の粘膜に留まることで、ウイルスやアレルゲンをキャッチします。更に、過剰なウイルスやアレルゲンを体外に排出するための洗浄液のような役割も果たしています。鼻水が分泌されなければ、わたしたちはウイルスやアレルゲンから無防備な状態となってしまうのです。

鼻水の色とその特徴

鼻水にも透明でサラサラな鼻水や、ドロドロした黄色・緑の鼻水がありますよね。風邪のひきはじめや鼻炎の際に、サラサラした透明な鼻水が出ることが多いようです。これは進入したウイルスやアレルゲンを排出しようとする働きによるものです。ドロドロした黄色い鼻水は、ウイルスが進入し、それを撃退するため死滅した白血球や免疫細胞が含まれることで発生するようです。そして緑色の鼻水ですが、どうやらたんぱく質が不足しているときに発生するようです。鼻水はその色1つで、身体に何が起こっているかを知らせてくれているのですね。

鼻水に付随するこんな症状に注意

鼻水が出ているときに、ドロドロした黄色・緑色の鼻水が出ている、鼻声になる、鼻が慢性的に詰まっている、嗅覚が鈍くなる、こんな症状を自覚しているあなたは、蓄膿症・副鼻腔炎となっている可能性が高いので注意が必要です。症状が慢性化し辛くなる前に、耳鼻科で診療してもらうことをおすすめします。耳鼻科に行く以前に、今の鼻水を止めたいという方には、小鼻の左右(ほうれん線の付け根あたり)にある、鼻水を止めるツボを押す方法なんてものもあります。他にも運動を行うことで止まることもあるようですが、薬の方が確実かつ効果大です。ひどい場合は鼻水程度、と我慢することなく、耳鼻科で診てもらいましょう。


writer:サプリ編集部