「エンターテインメントタクシー」で街を面白く[小山薫堂の妄想浪費 vol.20]

写真拡大

放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第20回

他国を訪れて最初に触れるのは、その国の交通事情。ドライバーの運転が国の印象を決めるかもしれないので、皆さん、これからも安全運転で!

首都高速道路の事故削減を目指して、2007年8月から「東京スマートドライバー」というキャンペーンが行われている。僕が発起人となり、首都高速道路と在京の民放ラジオ5局が共同で始めたプロジェクトだ。

首都高での交通事故のいちばんの原因はスピードの出し過ぎではなく、料金所や合流地点などで双方が譲り合わずに起きた接触事故である。そこで僕は考えた。「交通規制や取り締まりといった強制的なキャンペーンではなく、ドライバーの思いやりの力で交通事故を減らしましょう」と。

ちなみに06年度の首都高上での交通事故は、約1万2000件。その影響で起こる交通渋滞は、年間で東京とニューヨークを往復するほどの距離に匹敵する。また、「首都高上で一件の事故を起こすと、渋滞が約2kmできて、CO2の量が3トン増える」という試算も出ていた。つまり、安全運転は地球環境にも貢献するのである。

プロジェクトシンボルにピンク色のチェッカーフラッグが用いられているのは、クリエイティブ・ディレクターの水野学さんによるアイデア。

曰く「モータースポーツでは一番早くゴールした人が黒のチェッカーフラッグで迎えられるけれど、一般のドライバーは安全に家へ帰ることがゴールだから、ピンクにしよう。ピンクは人を優しい気持ちにする色。ピンクの囚人服に替えた途端、脱走者が減ったという話もある」とのこと。

ありがたいことに、このスマートドライバーの考え方に賛同してくれた地方も多く、キャンペーンが全国各地へと広がっている。

かくいう僕自身も車の運転が大好きで、以前はなかなか荒っぽい運転をしていた。でも、発起人になってからは、安全運転になった。そこであらためて気がついたことがある。

たとえば北京の空港から街中までタクシーに乗ると、クラクションはあちこちで鳴らされるし、運転もめちゃくちゃ荒い。どこもかしこもカオスだ。ある新聞に、「日本では車線は『守るべきルール』だが、中国では『目安』に過ぎない」と書かれていたが、実際そのカオスを見ると「中国人は自己主張が強いなあ」と思ってしまう。

これを逆手にとって、もし日本人の運転が常に思いやりと譲り合いの精神にあふれていたらどうだろう。成田空港や羽田空港からタクシーやバスで都内へ向かう海外からのお客様は、「日本人って素敵ね」という印象を持つのではないだろうか。”交通”というのは都市の顔であり、国民の気質すら表してしまうのだ。

池の波紋のように

京都にヤサカタクシーという会社がある。通常のシンボルマークは三つ葉のクローバーなのだが、約1500台中4台だけ、四つ葉のクローバーがあって、乗ると記念の乗車券がもらえる。

導入は02年、雨に濡れた葉が天井灯にくっついて、偶然四つ葉になったタクシーに乗った乗客に幸運が続いたため、遊び心で始めたらしい。いまでも「就職が決まった」「結婚が決まった」「宝くじが当たった」など、幸運を呼ぶタクシーとして、親しまれているそうだ。

しかも最近、さらに発展した「二葉」もできて、これは2台しか走っていない。僕はそのヤサカの二葉に昨年末、偶然乗った。降りるときに「お客さん、これ二葉なんですよ」と声をかけられた。領収書を上賀茂神社に持っていくと記念品をもらえるという。

でも、僕は領収書に印刷された二葉マークのほうが貴重な気がして、換えていない。こういうちょっとした遊び心が、タクシー会社の名前を覚えてしまったり、イメージを良くしたりするのだから、侮れないと思う。

僕の好きな池波正太郎さんの、あるエピソードを紹介しよう。

池波さんは、タクシーに乗ったら必ずチップを払っていた。すると、どんなに機嫌の悪い運転手でも、たいがいニッコリする。自分が降りたあとも、運転手は気分が良く、次に乗車したお客様にも感じ良く応対する。そのお客様は「今日は良いタクシーに乗ったなあ」と思うだろうし、一日を気持ち良く過ごせるから、その人に接した人もみんな気分良く過ごせる。

つまり、自分の投じたわずか数百円のチップが、池に石を落とすと波紋が広がっていくように、多幸感を広げていくのだ。これがダンディズムである、と池波さんは書いておられた。

僕も連載第1回に書いたけれど、お金を生き金にするのも死に金にするのも、使い方次第。池波さんのチップは、数百円でも生き金になるという見本であり、誰もが今日から始められる素敵な使い方だなあと思います。

エンターテインメントタクシーを増やす

京都には「京都グルメタクシー」という個人タクシーもある。元フレンチシェフがドライバーで、通常の観光案内にプラスして、美味しいお店に連れていってくれるのだ。

このアイデアを都市ぐるみで行ったらどうだろう。相乗り制度もあって、お昼時に近くにいるグルメタクシーをスマホで見つけることができ、「いま3人乗車中。あと1枠あります」なんて案内が入り、数人が事前予約のお店に連れていってもらえたら、とても便利だと思う。

いっそ東京オリンピックに合わせて、都内を走る50台をグルメタクシーにしてみたらどうか。全員英語ができて、天ぷら、焼肉、寿司などの良店に連れていき、乗車賃+サービス料を頂戴する。料金は数人で割るから、それほど高くは感じない。僕は熊本でこのグルメタクシーをやりたいと思っているのだけど、その際、表示は「空車」ではなく「空腹」にしようと思っています(笑)。

東京にもかつて、素晴らしい音響で音楽を聴きながら、東京を一周するジャズタクシーが走っていた。オーディオマニアの安西敏幸さんが考案された「ジャズクルージング」は非常に人気を博したという。

このように、何かに特化したタクシーを、運転手の趣味に応じて自由に企画させるのだ。グルメタクシー、ジャズタクシー、ロックタクシー、クラシックタクシー、写真スポットを案内するカメラタクシー、絵を描くのに良い場所や美術館に連れていくアートタクシー、江戸時代の地理を教える江戸タクシーなどなど、いろんな可能性が考えられる。

ひとり当たり年間50万円の予算を渡し、100台の東京プレミアムタクシーを走らせるとしたら、年間5000万円。ドライバーはその予算をお客様にいかに還元するか、個別に考える。たとえば銭湯タクシーではオリジナルの手ぬぐいを渡すとか、江戸タクシーなら江戸のパンフレットをつくるとか。それこそ日本交通の川鍋一朗さんだったら共感してくれるかもしれないですね!

タクシーはただの交通機関ではなく、その街をおもしろくするメディアになり得る。それぞれにもっとエンターテインメント性があれば、移動だけの人ではないお客様が増える、と僕は思っている。

有意義なお金の使い方を妄想する連載「小山薫堂の妄想浪費」
過去記事はこちら>>