チャン・ユンジョン、番組控え室のドアをロックした理由とは?「アイドルから挨拶されるのが怖くて…」

写真拡大

トロット(韓国の演歌) 歌手チャン・ユンジョンが、音楽番組で控え室のドアをロックした理由を明かした。

最近韓国で放送されたMBC every1「ビデオスター」では、トロット歌手チャン・ユンジョン、チ・ウォニ、チョ・ジョンミン、ユン・スヒョン、ソ・ユミが出演し、トークを交わした。

この日、キム・スクはチャン・ユンジョンに「最近、音楽番組に行くと控え室で不安な気持ちになると聞いた」と質問し、好奇心を刺激した。

これにチャン・ユンジョンは「他の歌手たちと年の差が大きい。そして歌手たちはすぐに挨拶するのではなく、まずスローガンを叫ぶ。これが怖くて控え室のドアをロックし、いないふりをしたことがある」と告白した。

続いてキム・スクは「私も音楽番組に出演したことがあるが、20チーム中17チームがアイドルだった。とても負担に感じた」と話し、チャン・ユンジョンは「今は名札をつけてリハーサルに参加する。リハーサルする前にステージに立ってスローガンを叫んでから始まる。しかし私は1人で立つので、なんか恥ずかしい。それで『あら、ご苦労様です』と話したら、皆笑った」と付け加え、周りを爆笑させた。

するとキム・スクは「あなたもスローガンを作ったらどう」と話し、チャン・ユンジョンは「こんにちは。チャンto theユンジョンです」と自身を紹介した。