又吉直樹作、第153回芥川賞受賞作品「火花」。


徳永(林遣都)は下ネタが苦手だ。過去にも何度かそのような事を口にしている。神谷(波岡一喜)がいくら下ネタを言ってもノリノリで返している姿は見せたことがない。今回、そんな徳永が下ネタを克服した。なんなら得意にさえなったのではないだろうか。

下ネタを徐々に克服


正式に付き合っていなかった真樹(門脇麦)が、彼氏を作ってしまったため、神谷は家を追われてしまう。置いていった私物を取りに行きたいが、彼氏が怖いので徳永に付いてきてもらうことに。怒られて惨めになるのが嫌な神谷は、「先輩が大変な時に勃起してると思えたら笑える」「全てはお前の股間にかかってる」と、徳永に勃起をしておいて欲しいと無茶な要求をする。下ネタが苦手な徳永だが、先輩の頼みを無下に出来ず、携帯でイヤらしい画像を見て勃起を心がける。しかし、なかなか思うようにいかない。そこでポケット越しに自分で擦ることに。もう勃起でリラックスが目的ではなく、勃起で神谷を笑わせるのが目的になっていた。

迎えた初単独ライブ、芸人にとって1つの目標となる大事なステージだ。徳永はネタに入る前のオープニングで、ライブのタイトルについて、自分の事務所のヤバさについて、そして担当のマネージャーの緒方のAV好きについてのトークを行った。直接的なワードこそ使わなかったが、今までの徳永ならば舞台で自ら下ネタを言うことはなかったはずだ。

今話のラスト。若手芸人の打ち上げ会場と思われる居酒屋で、神谷は「若手の若手の、登竜門」と叫びながら裸で肛門を晒すというギャグを披露していた。そこで徳永は抱きついてパンツを下ろさせないという役回りを、大勢の芸人がいる中、自ら進んで請け負った。
仲の良い芸人を笑わす為の下ネタ、客が引かない軽い下ネタ、大勢の前での大道芸的なド下ネタ。今話で徳永は、下ネタを克服したようだ。きっかけはやはり真樹の家で股間を擦った事だろう。相手が笑うと思ったならば、手段として下ネタも正攻法のボケも違いは無いという考えに至ったのかもしれない。良くも悪くも、また一歩神谷に近づいたのだ。

童貞だから下ネタが嫌い、それでもいいのかもしれない


そもそも、徳永は芸人として下ネタが嫌いだったのだろうか。トガッている芸人が下ネタを嫌うのは、なんとなく想像できるが、それとは少し違う気がする。どちらかというと、童貞特有の下ネタへの照れのような雰囲気が出ている。思えば、美容師のあゆみ(徳永えり)に髪を切ってもらう時に顔の近さを気にしたのも、合コンで自分に気のある女の子を拒否したのも、28歳歯科助手の連絡先が書いてあるアンケートを無視したのも、童貞だからではないのだろうか。なんのことはない、徳永は童貞だから下ネタが嫌いだったのだ。

「その頃僕らはどうかしていた」。これは打ち上げのシーンで流れた徳永の声でのナレーションだ。

おそらくは売れない芸人時代を思い返す余裕が出来た時、つまり、今が子供だとしたら大人になった時の徳永の目線のセリフだろう。芸人として下ネタを克服できたのはいいが、売れていないという現状で正気を失い、自分を見失っている。神谷も周りの芸人も含めて、やっぱりそれは間違いなのではないか、大人の徳永は感じている。

かといって、この売れない時代を後悔しているとは思えない。この経験が大人の徳永を形成している事に違いはないからだ。「どうかしていた」これが正当化出来てしまうほど、彼らは特異な環境に身を置いているのではないだろうか。

(沢野奈津夫@HEW)