画期的!? お寿司の次は「スパゲティ・ドーナツ」がNYで誕生 / 手でパスタを頬張る時代がついに到来しちゃったよ

写真拡大

先日 Pouch では、ドーナツの形をしたお寿司「寿司ドーナツ」がニューヨークで流行り始めているという話題ををおしらせしました。またまたニューヨークで、新たなドーナツ型の食べ物が産声をあげました。

今回の主役は、ブルックリンにあるベーカリー「Pop Pasta(ポップパスタ)」が産み出したスパゲティ・ドーナツ。形はドーナツだけどお味はレッドソース、カルボナーラ、ボロネーゼなどパスタっぽいしょっぱい系フレーバーなんだそう。

【実際に食べた感想は?】

出来立てのアツアツのパスタを片手で食べられるだなんて、一体どんな感じなのでしょうか、気になりますっ。

先日行われたフードフェス Smorgasburg2017 では、ドーナツ界の新たなホープとして、スパゲティ・ドーナツがかなり注目されていたようです。

Smorgasburgの公式アカウントが公開した写真でも、はじめてスパゲティ・ドーナツを目の前にした満面の笑みを浮かべるお客さんたちの姿が。

しかし、実際に食べてみた方の感想を集めてみるとちょっと微妙な結果に。

「どうして今までなかったが不思議ね」
「パスタをドーナツの型に入れて焼いた感じよ」
「なんて言えばいいかわからないけど、いい経験にはなったかな」
「あんま好きじゃないかも」

あれれ? もしかして味はイマイチなの? SNSにあがっている感想だけだと、残念ながら味は誰もが感動する「絶品」というわけではなかったみたい。

【すごくおしゃれなのだが…】

でもニューヨークのフードマーケットを背景に手にしたスパゲティ・ドーナツはとってもサマになっているよね。写真からはすごく美味しそうに見えるんだけどなあ。

果たしてスパゲティ・ドーナツはドーナツ戦国時代を生き残ることができるのでしょうか? なんとか踏ん張ってぜひ日本にも上陸してきてほしいですよね。

参照元:Instagram @smorgasburg、Pop Pasta [Instagram、公式サイト]
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る