「Ryzen」シリーズのスタンダードモデルをいち早く

写真拡大

パソコン(PC)販売店「パソコン工房」「グッドウィル」を運営するユニットコム(大阪市)は、AMDのプロセッサー(CPU)ブランド「Ryzen(ライゼン) 5」搭載BTO(受注生産)PCを、販売解禁となる2017年4月11日午後10時に「パソコン工房」Webサイトで発売する。

GPU「NVIDIA GeForce GTX 10」シリーズ搭載の標準構成からカスタマイズ可能

「ZEN」アーキテクチャーを搭載し、高性能かつ高効率化を実現したCPU「Ryzen 5」は、オフィスでの資料作成やデータ処理を快適に行えるほか、ゲーム用途など高い演算処理能力を必要とするシーンでも優れたパフォーマンスを発揮するという。

BTO標準構成として3モデルを用意。いずれもOSは「Windows 10 Home」(64bit)をプレインストールし、AMD X370チップセットを採用。メモリーはDDR4-2400 DIMM 4GB×2、ストレージは1TB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)、光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載する。

「STYLE-R0X3-R6-LN」は、CPUが「Ryzen5 1600」、グラフィックスカード(GPU)「NVIDIA GeForce GTX 1050」を搭載。「LEVEL-R0X3-R6X-LN」はCPUが「Ryzen 5 1600X」、GPUが「GeForce GTX 1050」を搭載。「LEVEL-R0X3-R6X-RNJ」はCPUが「Ryzen 5 1600X」、GPUが「GeForce GTX 1060」。いずれも各種カスタマイズが可能だ。